クレイグ・デイヴィッドのベスト盤にBONNIE PINK参加

Pocket

craig_greatest.jpg

クレイグ・デイヴィッドが11月26日にリリースする『グレイテスト・ヒッツ』に、スペシャル・ボーナストラックとして、BONNIE PINKとの共演ナンバーが収録されます。これは、日本で特に人気の高い「オール・ザ・ウェイ」のリメイク・バージョン。

4thアルバム『トラスト・ミー』のプロモーションで来日したクレイグが、BONNIE PINKからプレゼントされた彼女のCDをロンドンで聴いて、彼女の才能に感動し、このコラボレーションが実現したとのこと。

UKの2Stepシーンから生まれたスーパースターが、シーン的にはかなり遠くにいる、日本を代表するシンガー・ソング・ライターとコラボにいたってしまうあたりに、音楽の持つパワーを感じずにはいられませんね。二人の才能が絶妙にブレンドされ、2008年ヴァージョンとして生まれ変わった「オール・ザ・ウェイ・フィーチャリング・BONNIE PINK」は注目の1曲だと思います。

ちなみにLOUD編集長の内藤は“クレイグの地元感覚丸出しな、ブリブリのベースライン・ハウス「ホエアズ・ユア・ラヴ」にご注目を”と申しておりました。

hotnewsカテゴリーの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。