大沢伸一のソロ・プロジェクトMONDO GROSSO、14年ぶりとなる新曲「ラビリンス」をリリース

Pocket

プロデューサー/DJとして活躍する大沢伸一。彼の原点ともいえるプロジェクト、MONDO GROSSO(モンド・グロッソ)が、14年ぶりに再始動し、RECORD STORE DAYの4/22にシングル「ラビリンス」(完全生産限定12インチ・アナログ)をリリースするとアナウンスしました。

今年発売予定のMONDO GROSSOのアルバムからの先行シングルとなる「ラビリンス」は、透明感のある女性ボーカリストをフィーチャーした日本語の歌モノ楽曲となっていて、作詞は東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦によるもの。アナログには、Original Mixのほか、DUBFORCEによるDub Mix、大沢自身の手によるAcoustic Mixが収録される予定となっています。

MONDO GROSSO
ラビリンス
cutting edge / CTJ1-40386
A1. ラビリンス (Original Mix)
B1. ラビリンス (DUBFORCE Mix)
B2. ラビリンス (Acoustic Mix)

MONDO GROSSO(モンド・グロッソ)
1991年に京都でバンド結成。大沢伸一はリーダー兼ベーシスト。93年にメジャー・デビュー、ヨーロッパツアーも行う。96年にバンドは解散し、大沢伸一が楽曲によって様々なアーティストをフィーチャリングするソロ・プロジェクトとなる。以降もその時代時代の革新的な音楽性を求めながら『MG4』『NEXT WAVE』などヒット・アルバムをリリースして2003年に休止していた。
http://www.shinichi-osawa.com/mondogrosso/

大沢伸一(Shinichi Osawa)
音楽家、DJ、プロデューサー、選曲家。リミックスを含むプロデュースワークで、BOYS NOIZE、BENNY BENASSI、ALEX GOHER、安室奈美恵、JUJU、山下智久などを手がける他、広告音楽、空間音楽やサウンドトラックの制作、アナログレコードにフォーカスしたミュージックバーをプロデュースするなど幅広く活躍。今年14年ぶりとなるMONDO GROSSOのアルバムをリリースする。
http://www.shinichi-osawa.com/

RECORD STORE DAY
毎年4月の第3土曜日に世界同時開催されるレコードの祭典。多くのアーティストのアナログリリースやイベントが開催される。
http://www.recordstoreday.jp/

Posted in club, hotnews.