Soulwaxがサウンドトラック作品『Belgica』をリリース

Pocket

Soulwax(ソウルワックス:2 Many DJsの活動でも知られるデイヴィッド&ステファン・ディワーラ兄弟)が、ベルギー人映画監督、フェリックス・バン・ヒュルーニンゲンの新作『ベルヒカ』のサウンドトラック作品『Belgica – Original soundtrack by Soulwax』を、2/26にリリースすることになりました(日本盤は4/6リリース予定)。約11年ぶりの新作になりますね。

このサントラは全楽曲Soulwax書き下ろしのアルバムで、映画に登場するクラブで演奏する様々なバンド/アーティスト(登場人物)が、それらの楽曲をプレイした内容となっています。作曲、アレンジ、プロデュース、レコーディング、ミックスまで約12ヶ月かけて制作した、とのこと。上にあるビデオ、The Shitz「How Long」は、そのサントラからのものです(The Shitzが作中で披露する楽曲)。以下にサントラのトラックリストと、映画のトレイラー映像を貼ってありますのでチェックしてみてください。


Various Artists
Belgica – Original soundtrack by Soulwax

tracklist
01. Charlotte – The Best Thing
02. The Shitz – How Long
03. Rubber Band – Caoutchouc
04. White Virgins – Turn Off The Lights
05. Light Bulb Matrix – Hot December
06. Kursat 9000 – Çölde Kutup Ayisi
07. Erasmus – Ti Ricordi Di Me
08. Burning Phlegm – Nothing
09. Aquazul – Slippy Fingers
10. Roland McBeth – Don’t wait Up For Me
11. Diploma – Got Any Chris Rea?
12. They Live – The Cookie Crumbles
13. Danyel Galaxy – Cybernetic Permutations In The Key Of A
14. The Shitz – Sell It With Your Face
15. Robert Vanderwiel – Nine Thousand Eyes
16. Noah’s Dark – Inward

http://hostess.co.jp/news/2016/01/010464.html

Posted in hotnews.