X-traが一夜限りの復活

Pocket

xtra-yoko.jpg

“日本人DJをメインとする、誰でも気軽に楽しめるアッパーなパーティー”をキャッチフレーズに、’95年~’00年にかけて、新宿リキッドルームで開催されていた、UKスタイルのクラブ・パーティー、X-tra。Yo-C+TomoをレジデントDJに、1000人近いクラウドを毎回盛り上げ、大阪、金沢でもレギュラー開催されるようになった、歴史に残るパーティーです。初めて行ったパーティーがX-traだったという人や、最も印象に残っているパーティーのひとつがX-traだったという人も少なくないのでは。今は亡きTony De Vitが、X-traでプレイしたセットは、UKのGlobal Undergroundによって収録され、CDリリースもされています。

そんなX-traが、5月21日、10年の時を経て、一夜限りの復活をします。ラインナップは、レジデントDJの二人に、ゲストDJとして最多出演だったShinkawa、VJのVisible Tuneを加えた、当時を再現するもの。当日は、ハウス、UKハードハウスからテクノ、トランスまでを横断するX-traスタイルで、’90年代クラシックの数々を楽しむことができるでしょう。当時を懐かしむ人はもちろんのこと、最近のクラブにはない独特のヴァイブスに触れてみたいという現役クラバーにとっても、またとない機会の到来です。

なお、このパーティーは、本年8/1に予定されている、LOUDの200号発刊を記念するものともなっています。


X-tra開催詳細

2011/05/21(SAT) @ LIQUID LOFT
OPEN 23:59
Admission:2,500yen(members 2,000yen)
LINE UP
Resident DJs:Yo-C + Tomo
Guest DJ:Shinkawa
VJ:Visible Tune
INFO
LIQUIDROOM 03(5464)0800

Posted in hotnews.