DAISHI DANCE『Heartbeat presents SOUND MUSEUM VISION Mixed by DAISHI DANCE』インタビュー

Pocket

DD_Vision_jk.jpg

いまやフェス~クラブまで、獅子奮迅の活躍を見せるDJ、DAISHI DANCE。その人気は日本を飛び越え、アジア圏にも及び、さらに今後は世界各国で…。そんな、新たな歩みを進める彼の“今”を綴じ込めた最新作『Heartbeat presents SOUND MUSEUM VISION Mixed by DAISHI DANCE』がリリースされた。日本でも今年いよいよ大ブレイクしたEDMを、彼ならではの形で表現し、なおかついち早くワールドヒットを網羅した本作。DAISHI DANCEの今、そして世界の最先端を味わえる、ダンスミュージック・ファン待望の一作が完成した。

ここでは、本作『Heartbeat presents SOUND MUSEUM VISION Mixed by DAISHI DANCE』の内容について語った、DAISHI DANCEのインタビューをご紹介しましょう。


DD_3_A.jpg

DAISHI DANCE
『Heartbeat presents SOUND MUSEUM VISION Mixed by DAISHI DANCE』
インタビュー

__今作『Heartbeat presents SOUND MUSEUM VISION Mixed by DAISHI DANCE』は、ミックスCDとしては5月にリリースした『EDM LAND』に続き、今年2枚目となりますね。

「僕のセットは常に変わっていくので、たとえ2ヶ月に一度ミックスCDを出すとしても問題ないんです。しかも、今はタイミングがあればできる限り数多くリリースしていきたいので、個人的にはミックスCDなら半年に1枚ぐらいのペースで出せればベスト。現在の音楽的な流れ、サイクルから考えても、1年に1枚だと今を表現するにはちょっと遅いかなと思っていて。そういう意味では、今回はベストのタイミングでリリースすることができてうれしいですね」

__収録曲はほぼ新譜、今年5月以降にリリースされたものばかりですね。

「もともと僕のセットは、クラブでもフェスでも新譜が8割、残りは定番曲というか、定番のアンセム的なもので構成されています。そういったスタイルでずっとやってきて、今回もそれは変わりません。ただ、サブタイトルに“SOUND MUSEUM VISION”とあるように、渋谷のクラブ、VISIONがテーマ。VISIONは、キャッチーなお客さんからコアなダンス・ミュージック・ファンまで幅広い方々が遊びに来ていて、なおかつスタッフはみんな筋金入りの方ばかり。それだけにすべての人に納得してもらえるよう、頼まれたからにはきっちりいいものを作りたいなと思ったし、気合いは入りましたね。みんなが知っている曲、ありがちなヒット曲のミックスではVISIONらしさは出ないと思ったし、今回はとにかく新しくフレッシュで、それでいてカッコよく盛り上がる曲をセレクトしました」

__内容的には、いまや幅広く進化したEDMのバラエティを収めつつ、ハウスの要素も入っていたり、DAISHIさんならではの仕上がりに。

「僕はあくまでEDMという言葉はキーワードだと思っていて、それをうまく使って自分らしさを演出する。基本的には、その時代でもっともアッパーなサウンドをプレイするようにしていますし、それはEDMでもハウスでも関係ないんです。おそらく、EDMという言葉があってもなくても、今のプレイは変わってないと思いますね。別に流行ったからといってネガティブな印象もないですし、僕はそれを追い風にしてやっていきたい。あくまで自分のスタイルは変えずに」

__どれも新譜が目立つ中で、唯一Benny Benassiの「House Music」だけ2011年の曲。なぜ、これだけ少し前のものを?

「この曲に関しては、リリースされた当時すごくプレイしていて、その後一時かけなくなったんですけど、今年の春ぐらいに改めて発見して、使えるなと思って。場面を変えたいときとかハイブリッドに使える曲で、なおかつ一周しても古くならない、すごく重宝していたのでこのタイミングで改めて入れてみようと思ったんです」

__そのあたりからも今感、リアルさが伝わってきます。あと、今夏はフェスにもたくさん出演されていましたが、そこからフィードバックされたこととかありました?

「今年は20本以上のフェスに出演させていただきましたが、どこへ行ってもやりやすかったというか、EDM=フェス・ミュージックが浸透したんだなと、身をもって実感しましたね。そこでの反応はもちろん今回のセットでも反映していて、セット自体は違いますが、収録曲はこの夏プレイした楽曲が中心です」

__DJをしながらリリースを重ね、さらに今は海外にも目を向けていると聞きましたが。

「日本でも日に日に海外のDJのブランド嗜好が強くなってきて、今は海外で活動することでそれが日本での活動に跳ね返る、そんな時代なのかなと思っています。僕はまだまだアジア圏内での活動が多いですけど、そこに満足していてはいけない。海外のヘッドライナーともDJをやる機会が増えて、彼らにひけを取らないようなクオリティ、個性を維持していかなくてはならないなと、今年は改めて思いました。そのためにも、いろいろなことにアンテナを張って、なおかつDJプレイに限らず制作する楽曲、リリース方法など、いろいろと考えてやっていかなくてはいけないなと思っています。そういう意味では、来年でデビューして9年になりますけど、新人のつもりで世界に向かっていきたいなと。本当は今年も意識していたんですけどね…海外配信用の楽曲のジャケットまで作ったり(笑)。ただ、現場の本数も多く、なかなか進められなくて。ワールドクラスのヘッドライナーは、自分よりも全然忙しかったりしますし、その環境に相応できるシステム、その再構築を今年はやっていたので、その成果を来年見せられればと思ってます」

__忙しい中でミックスCDをリリースするのは、ある意味いいモチベーションになります?

「それはありますね。リリースは数多くしていきたいですし。特に日本ではCDのパッケージがまだまだ出せる国、それは素晴らしい環境だと思っていて、来年も引き続きこだわっていきたいですね。ちなみに、この後は来春にリエディットベスト盤を予定してます。日本のマーケットを大事にしつつ、海外では配信で先に出せるタイミングでどんどん出していく、そういったスタンスに切り替えようと思っています」

__DAISHIさんにとって、もはやミックスCDはライフワークのようなもの?

「DJは常にやっていることですし、大好きですからね。ミックスCDに関しては、やっていることはいつも一緒で、その方向性に関してはそのときの気分によるところが大きいんですけど、必ず毎回違います。収録曲もモデルチェンジしていますし、今の僕のDJの気分、そしてトレンドを今作でもぜひ味わってほしいですね」

インタビュー・文/杉山忠之


【リリース情報】

DD_Vision_jk.jpg

V.A.
Heartbeat presents
SOUND MUSEUM VISION
Mixed by DAISHI DANCE
(JPN) SPACE SHOWER MUSIC / PECF-3107
発売中(11月26日発売)
HMVでチェック

tracklist
01. Fedde Le Grand / You Got This (Original Mix)
02. Dannic / Rocker (Original Mix)
03. Gary Beck ft.Debra Debs / Get Together (Original Mix)
04. Sunnery James & Ryan Marciano / Salute
05. Blasterjaxx / Fifteen (Hardwell Edit)
06. Leftside / Monkey Biznizz (Wiwek Remix)
07. Nari & Milani / Torba (Original Mix)
08. Mastik / Hammer (Original Mix)
09. DD ft. GILLE / A.T.W! (UNRELEASED BOOTLEG Remix)
10. DD & MITOMI TOKOTO / SAX@ARENA ft. SHINJI TAKEDA (Limited Express Remix)
11. MAKJ & M35 / GO (Showtek Edit)
12. Pierce Fulton / Kuaga (Original Mix)
13. Dimitri Vegas & Like Mike ft. Wolfpack / Ocarina
14. Garmiani / Nomad (Original Mix)
15. DD ft. Stush / WE WON’T STOP (Original CLUB Mix)
16. Tony Junior & Baggi Begovic / Plur Warriors (Original Mix)
17. Gary Caos & Absolut Groovers / Miami (Original Mix)
18. Benny Benassi / House Music
19. Bassjackers / Like That
20. Bass Kleph / Let It Rip (Original Mix)
21. Armin van Buuren ft. Lauren Evans / Alone (Thomas Newson Remix)
22. DD ft. Matt Cab / Come To Life (UNRELEASED BOOTLEG Re-Edit)

【オフィシャルサイト】
http://spaceshowermusic.com/lb/artist/648/
http://www.daishidance.jp/

Posted in interview.