UFFIE インタビュー

Pocket

uffie_top.jpg

’06年にデビューEP「Pop The Glock/Ready To Uff」をリリースするや、フレンチ・エレクトロの新星として一躍脚光を浴びたアフィ。ジャスティスらと共に、ED Bangerレーベルの人気アーティストとして活躍する彼女は、1987年生まれの、若きエレクトロ・ポップ・プリンセスだ。「Pop The Glock」リリース後は、「Hot Chick/In Charge」(’06)、「F1rst Love」(’07)といったオリジナル・EP/シングルを発表するかたわら、ジャスティスやミスター・オワゾらレーベルメイトの楽曲にゲスト参加し、話題を提供。現在は、その個性的なMC/ボーカルとキュートな容姿から、彼女のMySpaceトータル楽曲再生回数が1700万回を、YouTubeの再生回数が1000万を突破するほど、注目される存在となっている。

そんな彼女が、待望のデビュー・アルバム『セックス・ドリームス・アンド・デニム・ジーンズ』をリリースした。プロデューサー陣に、ED Bangerからフィーズ、ミスター・オワゾ、セバスチャンを、さらにマドンナとの仕事で知られる、フランス音楽界のベテラン、ミルウェイズを迎え制作した、注目作だ。その内容は、「Pop The Glock」、最新シングル「MC’s Can Kiss」、ファレル・ウィリアムスをフィーチャーした「ADD SUV」に代表される、彼女らしいエレクトロ・ポップから、バンド・サウンドに挑戦したタイトル曲までを配した、カラフルなものとなっている。

時代が生んだ新たなポップ・アイコン、アフィの魅力が詰まった『セックス・ドリームス・アンド・デニム・ジーンズ』。本作の内容と彼女の音楽観について、4月に来日した本人に、対面で話を聞いた。なお彼女は、8月にサマーソニックで再来日することが決定している。


【エレクトロとの出合い】

ーーあなたは、フロリダ生まれ、一時香港育ち、そしてパリで音楽活動を開始、というインターナショナルな生い立ちをお持ちですが、どういう少女時代を過ごしてきたんですか?

「まるで放浪の民みたいだったわね(笑)。でも、場所を転々とする人生しか知らないから、私にとってはそれが普通の生活だった。父親も出張することが多くて、常に家を空けていたから、こういうものなんだって思いながら育ってきたの」

ーーちなみに、ご両親はどこの出身なんですか?

「父親はイギリス人で、母親はアメリカ人よ」

ーーそういった環境の中、あなた自身はパリに落ち着いて、そこで音楽活動を始めたわけですが、パリがあなたの肌にあった理由は何でしたか?

「もともとは、当時パリに住んでいた父親に会いに行ったことがきっかけだったんだけど、そのままパリに居座ってしまったのよね。なぜかパリに引き込まれてしまって、去ることはなかったわ」

ーー音楽に興味を持ったのは、パリに行ってからのことだったんですか?

「いいえ。昔から音楽は好きだったから、パリに刺激されて音楽活動を始めたってことでもないわね。でも、パリに来てから、偶然曲を書くタイミングに恵まれて、「Pop The Glock」(’06)を出して、その後はトントン拍子…でもないけど、今の自分がいるのよ」

ーー子供の頃は、どんな音楽を聴いていたんですか?

「本当に幼い頃は、父親が聴いていた音楽を聴いていたわね。ピンク・フロイドとか、ボブ・マーリーとか(笑)。でも、11歳の頃にヒップホップと出合って、それからしばらくはヒップホップが好きになった。ボーン・サグスン・ハーモニーとか、そういうヤツ。あの頃の私は、ギャングスター系が好きだったのよ(笑)」

ーーでは、エレクトロが好きになったきっかけは何でしたか?

「パリに行くまで、私はエレクトロなんて全く聴いたことがなかった。その頃は、バンドがやっている音楽の方が好きだったわね。でも、パリで偶然エレクトロと出合って、“コレは未来のサウンドだ!”って思ったのよ。テクノロジーを使うことによって、可能性は無限大になるってことを発見したの」

【アフィ、誕生】

ーーあなたの存在を一躍有名にした「Pop The Glock」は、あなたが初めてつくった曲だったんですよね。どういう気持ちで手がけたものだったんですか?

「私にとって「Pop The Glock」は、“そこに自由があった”ってことを思い出させる曲ね(笑)。私は、ただ自分が好きなことをやりたくて、“イェー!”って感じで曲をつくっただけだった。だから、まさかこんなに多くの人が聴いてくれるなんて、思ってなかったわ。でも…今はいろいろなプレッシャーがある。あの頃とは違うわね」

ーーその「Pop The Glock」がきっかけで、あなたはED Bangerの一員となりました。彼らと知り合ったきっかけは、何だったんですか?

「パリの音楽コミュニティーって結構せまいから、ペドロ(・ウィンター:ED Bangerのボス)のことは昔から知っていたのよ。で、ベドロは「Pop The Glock」を耳にして、私に声をかけてきてくれたの。“契約を結ぼうよ!”ってね。その時は、進学するべきか、音楽の世界に行くべきか、どうしようかって悩んだわ。もちろん、音楽の世界に進んだわけなんだけど(笑)」

ーーED Bangerの一員として4年ほど音楽活動をしてきて、いかがですか?

「ED Bangerにいて良かったことなんて、全然ないわ(笑)。っていうのは、もちろん冗談よ。ペドロの良さは、売れると思ったアーティストと契約をするんじゃなくて、売れても売れなくても、彼が素晴らしいと感じたアーティストであれば契約するところね。そして、彼はアーティストに一切の自由を与えてくれる。ああしろ、こうしろって、全然言わないのよ。だからこそ、ED Bangerにいるアーティスト達は、みんな家族みたいな関係なの。本当に仲間って感じね」

ーーでも、今はみんな忙しくなってしまって、なかなか会えないんじゃないですか?

「本当ね。みんな忙しくしてるわよ。昔は、いつもツルんでいるイメージだったけど、最近は、“最後にいつ会ったっけ?”って感じ。仕方ないわね」

【少女から大人の女性に】

ーーでは、待望のデビュー・アルバム『セックス・ドリームス・アンド・デニム・ジーンズ』について教えてください。なかなかアルバム・リリースのアナウンスがありませんでしたが、アルバムの制作を始めたのは、いつ頃だったんですか?

「アルバムの制作を始めたのは、一年半くらい前だったわ。「Pop The Glock」をリリースした後は、“他にも曲をつくって、またシングルを出して、次はアルバムね”なんて、平気な顔をしていたんだけど、いざつくり始めてみたら、“キャー、アルバムをつくるってこんなに大変なの?”ってことになってしまったのよ(笑)。休みなしにツアーしていたことも、時間がかかってしまった原因ね」

ーなるほど。アルバム全体にテーマみたいなものは、何かあったんですか?

「もしこのアルバムにテーマがあったら、もっと簡単に曲づくりができていたかもしれないわね。このアルバムには特別なテーマがなかったし、新しい曲と昔の曲を上手くまとめないといけなかったから、そこに結構苦労したのよ」

ーでは、“セックス・ドリームス・アンド・デニム・ジーンズ”という、アルバム・タイトルの由来は何ですか?

「このアルバムは、言ってしまえば、“自分が少女から大人の女性に成長していくまでの過程”を表現したものなの。つまり、過去4年間のアフィについてをね。で、タイトル曲「Sex Dreams And Denim Jeans」は、その、“大人の女になっていくこと”を歌った内容になっているわ。“セックスに関わる夢を見たことがある”って歌なんだけど、“デニム・ジーンズ”は、私にとって若さを象徴している言葉ね」

ーこのタイトル曲は、これまでにリリースしてきたあなたの楽曲とはタイプの異なる、バンドっぽいサウンドを打ち出したものになっていますね。

「ヒッピー調の曲になってるでしょ? ある時ミルウェイズが、“こういう曲もあるよ”って、昔の音楽を聴かせてくれたんだけど、それにすごく衝撃を受けたの。パンクな曲だったわ。で、その時に、私はバンクとかロックも聴いて育ってきたから、その影響もアルバムに入れたい、みんなに知ってもらいたいと思って、つくったの。歌詞は、一気にできあがったわ」

ーちなみに、本作のプロデューサー陣、フィーズ(Feadz)、ミスター・オワゾ、セバスチャン、ミルウェイズの中で、ミルウェイズだけはED Banger外部の人物ですね。彼をプロデューサーに起用した経緯は何でしたか?

「ある時クラブで会って、私はもともと彼のファンだったから、ずっと話をしていたら、盛り上がって“今度一緒に仕事してみようか?”ってことになったのよ。で、今回実際に仕事をしてみたんだけど、とてもウマが合ったわ。何日もスタジオにこもって、一緒に作業した。今はもうベスト・フレンドって感じよ」

【私は、ラッパーじゃない】

ーーアルバムの収録曲についても、いくつか教えてください。まず、マティ・セイファー(元ザ・ラプチャー)がボーカルで参加した「Illusion Of Love」は、どのようにして誕生した曲ですか?

「初めてミルウェイズとつくった曲なんだけど、初めて私が歌を歌った曲でもあったわね。人生の暗部を歌った曲で、自分の内面にある感情を歌詞にしたから、ものすごく緊張したのを覚えているわ。で、まずはミルウェイズとソファーに座って、彼がギターを奏でる横で、歌の指示を受けながら形にしていったの。緊張したわ(笑)」

ーーラップとボーカルとでは、やはり感覚が違いましたか?

「ぜんぜん違ったわ。今、ライブに向けて練習をしているんだけど、ボーカルって、一つ音程を外してしまうと、全てがおかしくなっていく。しかも、スタジオだとやり直しがきくけど、ライブだとそれができないでしょ? ものすごくプレッシャーを感じる…」

ーーなるほど。ボーカル曲としては、スージー・アンド・ザ・バンシーズ「Hong Kong Garden」(’78)のカバーも印象的ですね。この曲をピックアップした理由は何でしたか?

「二つの理由があって、一つは、私はこの曲が大好きだからってことね。もう一つは、想像つくと思うけど、私は香港に住んでいたことがあるからよ。私は、香港で違う文化に触れたことで、よりオープンな人間になったと思う」

ーーカッコいいカバーだと思います。また、「ADD SUV」には、ファレル・ウィリアムス(ネプチューンズ/N.E.R.D)が参加していますね。

「ファレルとは、以前東京のイベントで知り合ったのよ。「ADD SUV」にはラッパーが必要だって感じていたんだけど、私にとって理想のラッパーとは彼のことだから、お願いしてみたの。OKがもらえるとは思ってなかったんだけど、OKしてくれた。その翌週には、ビデオまで録っていたわ。歌詞は、アメリカの主婦には不幸せな人が多いって内容ね。不幸だから、鎮痛剤を飲んだり、昼間からマティーニを飲んだりして、妄想の世界に暮らしている。ポップなサウンドの曲だけど、歌詞はとてもダークなのよ。その対比が、私は好きなの」

ーーでは、シングル「MC’s Can Kiss」は、どのようにして誕生した曲ですか?

「私は、みんなから“アフィはラッパーじゃない”って言われ続けてきたけど、そのことがすごくアタマにきてたのよ。なぜなら、自分の口から“私はラッパーです”と言ったことなんて、私は一度もないの。だから、この曲のタイトルは、“私は、そんなこと言った覚えないわよ”って意味ね。“バカなことを言うMCは、私のお尻にキスすればいい”って意味よ」

ーー挑発的ですね(笑)。本作をつくり終えた今、エレクトロ・シーンの未来について、あなたはどんな展望を持っていますか?

「エレクトロのシーンは、これからもずっと続いていくと思うわ。だって、ダンスできるんだから。もちろん、クラフトワークの頃から変化してきたように、今後もその形は変わっていくと思うけど。これからもフランスが中心となって、シーンを活性化させていくといいわね」

ーー最後に、今後の活動目標を教えてください。

「まずは、最高のショーをやることね! あとは、私はファッションも好きだから、そっちの方面でも何かできるといいなって思っているわ」

アルバム情報

uffie_jk.jpg

UFFIE
Sex Dreams And Denim Jeans
(JPN) WARNER
WPCR-13817

01. POP THE GLOCK
02. ART OF UFF
03. ADD SUV (Feat.Pharrell Williams)
04. GIVE IT AWAY
05. MC’S CAN KISS
06. DIFFICULT
07. FIRST LOVE
08. SEX DREAMS AND DENIM JEANS
09. OUR SONG
10. ILLUSION OF LOVE (feat. Mattie Safer)
11. NEUNEU
12. BRAND NEW CAR
13. HONG KONG GARDENS
14. RICKY
15. POP THE GLOCK
 (FELIX DA HOUSECAT “PINK ENEMY” REMIX) * BONUS TRACK
16. MCs CAN KISS (MIKE D Remix)* BONUS TRACK
17. ADD SUV (Armand Van Helden remix vocal)* BONUS TRACK
18. ADD SUV (Hudson Mohawke’s Spam Fajita Remix)* BONUS TRACK
19. MESSAGE FROM UFFIE (VIDEO + CD EXTRA)
20. POP THE GLOCK (VIDEO + CD EXTRA)



【Official Website】
http://wmg.jp/artist/uffie/

interviewカテゴリーの記事