yaneka『All in the air』インタビュー

Pocket

yaneka_jk.jpg

’05年に、姉弟であるChiyako(Vo/Words)とYuichiro(G/Programming/Engineering)がロンドンでスタートさせた音楽ユニット、yaneka。前身のバンドが解散したことをきっかけに、特にアテもないまま渡英を決断し、ロンドン各地のバプやバーで行われているオープンマイク(即席オーディション)に連日出演しながら、活動の輪を広げていったという実力派です。アルバム『ROOTS』(’06)と『You’re Free』(’08)は、フランスやスウェーデンでも評価され、現在はパリを拠点に活動中。ちなみに“yaneka”という名前の由来は、彼らの家系が、十七代に渡って神社仏閣、能楽堂の屋根を造ってきた屋根宮大工で、その屋号である“屋根嘉”にちなんだものだそうです。

そんなyanekaが、最新作『All in the air』を5/18にリリースします。奇しくも、東北関東大震災を予期していたかような曲名が多かったことに、彼ら自身が驚いたというその内容は、ポスト・ロックや実験的なサイケデリック・ロックが持つメンタルな音世界を、yaneka独自のセンスで発展させた、ディープで、スローで、アトモスフェリックなものとなっています。

聴く者の想像力を刺激する、オーガニックで映像的な楽曲群が詰まった『All in the air』。本作の内容と彼らの音楽性ついて、yanekaに話を聞きました。


yaneka_A.jpg

yanéka

美しく深遠なサウンドスケープを描き出す、
日本発のディープ・サイケデリック・ロック・ユニット

__まずは、あなた達姉弟が、2005年にyanekaを結成した経緯について教えてください。

Chiyako & Yuichiro「前身のバンドの解散がきっかけで、姉弟2人でバンドを始めようと思って、立ち上げました。子供の頃から2人とも海外に出たいと思っていたので、姉弟2人でなら気軽に、ある意味無謀に自由に行動できるかなって」

__yanekaをスタートさせた時、音楽活動の場をロンドンにした理由は何だったのでしょうか?

Chiyako「ロンドンになったきっかけは、単純に自分たちの好きなアーティストにはイギリス出身の人が多いとか、“海外で音楽といえば…ロンドン!”っていう、何の根拠も無いシンプルなアイディアでした。知り合いとかコネとか何も無くって、ただギターとマイクだけもって行ったんですから、無謀ですよね。案の定、はじめは路頭に迷ってましたけど(笑)。でも、ロンドンのあらゆるバーで毎夜やっているオープンマイク(即席オーディション)があることを知ってから、2人でそれをきっかけに、ライブを見てくれた音楽関係者の方とか、ミュージシャンから声をかけてもらって、で、だんだんと大きな会場でもライブさせてもらえるようになって…。その時に出会ったミュージシャンとは、今も親友です」

__ちなみに、yaneka結成以前は、どのような活動をされていたんですか?

Chiyako「Yuichiroが高校生の時、イギリスのLIPA(ポールマッカートニーが設立した音楽大学)を受験するデモテープづくりに、私が強制参加させられてから(笑)、一緒に音楽を始めました。私は子供の時から長唄を習っていたにもかかわらず、音楽よりも映画に興味があったし、Yuichiroはクラシック音楽も好きだったので、自ら弦楽団を立ち上げて、クラシックの作曲をしていました。その後、ひょんなるきっかけで前身のバンドに入って、2人ともバンド活動に正念を決め込んだわけです。なので、2人での音楽活動ということになると、かれこれ15年くらい?かな」

__結成当初のyanekaの音楽的コンセプトとは、どのようなものでしたか?

Chiyako「とにかくいろんな世界を渡り歩いて、自分たちが感じる全ての思い、衝撃、感動、ショック、戸惑い、そして自分たちのルーツを、素直に表現することでした。いろんな国で、いろんなものや人と出会うことで自分たちの中に起こる感情を、音楽にぶつけていく感じだったと思います」

__では、この度リリースされるニュー・アルバム『All in the air』について教えてください。まず、作品のテーマは何でしたか?

Chiyako & Yuichiro「結成当初の感覚とはビジョンが変わってきて、世界で起る矛盾に、自分達の内なる感情、心が開かれてできた作品です。自然と人間が共存する中で起る悲劇とか、人が忘れ去っていく本来大切なこととか、その中でうごめく、日々感じる矛盾とか…。そして、あらゆる感情が叫び合う中で、最後には全て“AIR=ユニバース”の一部として、自分達も存在している。今作は、その“AIR”に還っていくような、スピリチュアルな作品になったと思います」

__音楽的には、ポスト・ロックや実験的なサイケデリック・ロックを独自に発展させた、とてもディープで、スローで、アトモスフェリックな音世界が堪能できる作品だと感じました。今作の曲づくりで、特に意識したことは何でしたか?

Yuichiro「今回のアルバム『All in the air』では、特に自分たちの感じるままに作曲ができたと思います。いっけんダークで実験的に聴こえるかもしれませんが、全て自然に、自分たちyanekaというフィルターを通って出てきただけで、作為的に曲をつくっていったということは、ほとんどなかったです。ほとんどの曲が、ファースト・インプレッションを膨らましただけです。作曲で意識したこと、また常に心がけていることは、いかにナチュラルに、かつ人の心に訴えかけれるかということです」

__サウンドメイキング面で意識したこと、チャレンジしてみたかったことは何でしたか?

Yuichiro「今作では、ギター・エフェクターをかなり研究しましたし、かなりのビンテージ・エフェクターを使いました。例えば、’70年代のアナログ・ディレイや、’80年代のfuzzfaceなどです。どうしてもビンテージ・アナログ機材でしか出せない音の深み、温かさがあるので。「Less is more」の前半部では、イスを手でこすった音に深いエフェクターをかけたり、「Something unusual」のイントロ部では、iPhoneアプリでフリークエンシー・ノイズを出して、それをギター・アンプにつないだりしましたね。サンプリングのネタは、ほとんどがその場の思いつきです。いつも、普段耳にする日常的な音に、エフェクターをかけた時の音などを想像しています。かなり、音オタクかもしれないですね(笑)」

__Chiyakoさんは、日本語や英語の他に、オリジナルの言葉を使って歌っていますが、今作のボーカル面、そして作詞面で特に重要視したことは何でしたか?

Chiyako「私の場合、まずメロディーが出てきて、その後に歌詞やChiyako語(と言ってます)を入れるんです。言葉も音楽のように思えて。この作品にChiyako語が多いのは、聴く人にいっぱい想像できる隙間をつくりたかったからなんです。動物的な勘をフル活用してもらえるものになれば良いなと思って、いわゆる歌詞というものは、あえてあまり書きませんでした。ボーカル面では、歌も楽器の一部として、出しゃばりすぎず、我を出しすぎず、音楽の一部に徹したいと思って歌いました」

__曲づくり自体は、お二人でどのようにして作業を進めていったのでしょうか?

Yuichiro「yanekaの作曲で重要視しているのは、テーマやその曲のイメージです。曲によって異なりますが、基本曲のイメージングから入り、ある風景、写真、ストーリーを思い描き、感じ、それから音を表現するのがyaneka流の曲づくりです。音をつくるときは、僕がボーカル以外のパートを録音し、完成させたものに、Chiyakoがボーカル・メロディーを乗せていく場合や、Chiyakoが先に曲のイメージ・メロディーを作曲して、2人でインスピレーションを頭に浮かべならセッションしていったりと、様々です」

__今作の中で特に気に入っている楽曲などがありましたら、ご紹介ください。

Chiyako「私は、個人的に「The origin」が気に入っています。自分の中でも発見だったんですが、スウェーデン人写真家の作品(妊娠中の女性の体内を写したもの)を見た時、まるで体内の中が海のようであることに気づきました。自分の中にも宇宙が存在するようで、人は小宇宙であって、いかに自分の生命が大切か、教えてもらったようでした。なので、その根源に還るような作品をつくりたい、と思ってできた作品です」

__最後に、yanekaの次なる活動目標を教えてください。

Chiyako & Yuichiro「今回、大震災により様々な犠牲が出て、自分たちもとても混乱し、複雑な思いでいっぱいでした。震災時、自分たちはスウェーデンにプロモーション・ライブ等で訪れていたんですが、その後の予定を全てキャンセルし、ヨーロッパ各地でチャリテー・コンサートを行うことにしました。というのも、今だからこそ音楽家、芸術家が集まり、世界で起きていることを訴え、また一丸になるべきだと思うからです。明日、自分たちにどんなことが起きるか、誰にも分かりませんが、音楽を通して世のため、人のためになれたらと考えております」

interview & text Fuminori Taniue


【アルバム情報】

yaneka_jk.jpg

yaneka
All in the air
(JPN) dive in! disc / DID-1005
5月18日発売
HMVでチェック

tracklisting
01. Catastrophic
02. So cold
03. Tricky moment
04. The origin
05. Paradoxal
06. 11 mind’s eyes
07. Less is more
08. Something unusual
09. Line 14
10. Abstraction
11. All in the air

【オフィシャルサイト】
http://www.binylrecords.com/diveindisc/release/DID-1005/
http://www.yaneka.com/
http://www.myspace.com/yaneka

Posted in interview.