ROVO『Condor』

Pocket

 エレクトロニック・ヴァイオリン奏者の勝井祐二と、音づくりの要を担う山本精一ひきいる日本屈指のジャム・バンド、ROVO。今年で活動10周年を迎える彼らが、2年振り7作目となるフル・アルバムをリリースしました。なんと本作には、収録時間55分に、3パート構成の1曲のみを収録しています! そのパート1とパート2では、精鋭メンバー達による、ダビーでアヴァンな酩酊ジャム・セッションを展開。締めとなるパート3では、「E2-E4」を想い起こさせる夢想的なフレーズを、20分以上かけて徐々にピッチアップ、おそるべきドライヴ感を生み出しています。これはライブで聴いたら昇天必至ですね!。プログレッシブ・ロックにも通じる、スペイシーでサイケデリックなサウンドスケープに、ハマりまくれる貴重な一枚。
★★★★★★★☆☆☆ (TK)

ROVO
Condor
(JPN) WONDERGROUND / WRCD-36
ROCK

ROVO『Condor』

Posted in other.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。