CORINNE BAILEY RAE『Corinne Bailey Rae』

 BBCが年初に、今年ブレイクする新人を予想した“SOUNDS OF 2006”にて、見事第1位を獲得した逸材、コリーヌ・ベイリー・レイ。そのキュートなルックスから、“なんだぁ、アイドルかぁ…”と勝手に想像していましたが、ここで御紹介する1stアルバムを聴いて、そんなイメージは吹っ飛びましたー! オーガニックなバック・トラックに漂う暖かいメロディー、ソウルフルでトロけるような歌声、シャーデーを彷佛とさせる艶っぽさが共存しています。どこかブルーアイド・ソウルっぽい魅力も不思議とあるんですが、ツェッペリンに憧れて10代の頃にロック・バンドを組んでいたという彼女の経歴を知って、妙に納得。現在26歳。いやぁ、マジでカワイイ…。(結局ソレ!?)
★★★★★★★★☆☆ (SN)

CORINNE BAILEY RAE
Corinne Bailey Rae
(JPN) TOSHIBA EMI / TOCP-66600
URBAN

CORINNE BAILEY RAE『Corinne Bailey Rae』

WOLFMOTHER『Wolfmother』

 ハード・ロックの国、オーストラリアからスリーピース・ハードロック・バンド、ウルフマザーのデビュー・アルバムが届きました! 誰がどう聴いてもレッド・ツェッペリンを思い出してしまう「Dimension」を筆頭に、キャッチーでパンチの効いた活きのいいロック満載です。収録曲のうち「Woman」にはマスタークラフト・リミックスが存在しており、KITSUNEの最新コンピ『KITSUNE MAISON 2』に収録されていたので、クラブミュージック・ファンからも注目されていますね。アメリカのメジャー・レーベルと契約を締結、フジロック’06ではグリーン・ステージに出演が決まっていますが、ジェットの次に世界を獲れるか?! 注目です!
★★★★★★★★☆☆ (TK)

WOLFMOTHER
Wolfmother
(JPN) UNIVERSAL / UICS-9051
ROCK

HMVでWOLFMOTHER『Wolfmother』をチェック!

DJ PATIFE『Na Estrada』

 サンパウロを拠点に活動するブラジリアン・ドラムンベース・クリエイター、DJ パチーフェ。2004年にはバルセロナのにも出演した、注目のアーティストです。DJ マーキーの盟友としても知られていますね。このデビューアルバムでは、ボサノヴァやジャズを取り入れたメロディー、クラブで踊っても、家でまったり聴いても共に楽しめます。全体的に、明るくしっとりした雰囲気。伸びやかなヴォーカルも心地よい空気を演出していて、これからやってくる夏にぴったりの一枚です。スティーヴィー・ワンダー「Overjoyed」、ブラジル・ポップ・ミュージックの歌姫、マリーザ・モンチ「Diariamente」のカヴァーも収録。今年は、METAMORPHOSEでの来日も決定しています。
★★★★★★★★☆☆

DJ PATIFE
Na Estrada
(JPN) KSR / KCCD-187
DRUM’N’BASS

HMVでDJ PATIFE『Na Estrada』をチェック!

BIO-TONIC『Klash』

 フレンチPSYトランスの旗手、バイオ・トニック。エネルギッシュなスリー・ピース・ユニットとして、PSYトランス・シーンのなかでも、ひときわ異彩を放っている存在です。そんな彼らが、前作から2年の熟成期間を経て、4thアルバムをリリース! 一度聴いたら脳裏から離れないキャッチーなボーカルものから、邪悪にねじれた音で攻めるアシッディーなトラック、美しいトライヴァル・ボイスを効かせたゴア風トランスまで、各楽曲ごとに異なる魅力を披露しているのが見事です。直線的なスピード感のみに頼ることなく、丁寧にサウンドを組み立てた、彼らならではの芸術的なサウンド・スケープが楽しめます。
PSY TRANCE ★★★★★★★☆☆☆ (SN)

BIO-TONIC
Klash
(JPN) SOLSTICE MUSIC / SOLMC-073

HMVでBIO-TONIC『Klash』をチェック!

坂本龍一『Bricolages』

 坂本龍一が約9年ぶりにポップ・フィールドへアプローチした『Chasm』(’04年発表)を、新進気鋭のクリエイターから大物ミュージシャンまで13組が再構築したリミックス・アルバム。エレクトロニカ的タッチのトラックを中心に、静かに、そして知的なムードで進行していく内容。『Chasm』で展開した斬新なサウンドを、より前衛的にしたような作品です。リミキサーは、コーネリアス、フェネス、クレイグ・アームストロング、スティーヴ・ジャンセン、アルヴァ・ノト、AOKI takamasa、テイラー・デュプリー、リチャード・ディヴァイン。坂本龍一と縁のあるアーティストも多数参加しています。なお、日本盤には細野晴臣のボーナス・トラックを収録。
ELECTRONICA ★★★★★★★★☆☆ (FT)

坂本龍一(RYUICHI SAKAMOTO)
Bricolages
(JPN) WARNER /WPCL-10315

HMVで坂本龍一『Bricolages』をチェック!

MARK DE CLIVE-LOWE『Face』

 オリジナル楽曲のみならず、リミックスやコラボレーション作、ライヴ音源も収録することによって、“アーティストの様々な顔を紹介する”というコンセプトで始動した新シリーズ・コンピ『Face』。その第一弾にフィーチャーされたのは、ウエスト・ロンドン・シーンを賑わす名キーボディスト、マーク・ド・クライヴ-ロウです。注目すべきは、ジャイルス・ピーターソンの番組『BBCワールド・ワイド』で放送されたライヴから4曲を収録していること。なかでも、ベンベ・セグゥウェイをボーカルに迎えてカバーした、王道ジャズ「Caravan」のブロークン・ビーツ・バージョンは、レア度高し! 数台のキーボードとサンプラーを同時にプレイする、マークの妙技は驚愕です。
JAZZY ★★★★★★★★☆☆ (SN)

MARK DE CLIVE-LOWE
Face
(JPN) COLUMBIA / COCB-5360

HMVでMARK DE CLIVE-LOWE『Face』をチェック!

CHEMICAL CREW『Chemical Playground』

 サイケデリック・トランス・シーンきってのバキアゲ集団、ケミカル・クルー。主宰者のスカジー作品を筆頭に、リリースするタイトル全てが大ヒットしています! 世界各地で日々行なわれているライヴ・ステージのパワフルさも、まさに圧巻の一言。ここで御紹介する『Chemical Playground』は、そんなケミカル・クルーによる、ファン待望のニュー・コンピレーション。スカジーとターボのコラボレーション・トラックで幕を開ける今作には、ヴォイド、エグザイル、パラノーマル・アタックら、他レーベルに移ったらトップ必然の実力者による新曲が、ズラリと10曲収録されました! クルー全員参加という気合いの入り方で、話題騒然!
PSY TRANCE ★★★★★★★★★☆ (SN)

CHEMICAL CREW
Chemical Playground
(JPN) CHEMICAL CREW / CHEMCDJ-012

HMVでCHEMICAL CREW『Chemical Playground』をチェック!

The Raconteurs 『Broken Boy Soldiers』

けっこう前からウワサがあった、ザ・ホワイト・ストライプスのジャック・ホワイトによる別プロジェクト、ザ・ラカンターズがデビュー・アルバムを発表しました! 中心メンバーである、ジャック・ホワイトとブレンダン・ベンソンが一緒に書いたというシングル曲「Steady. As She Goes」に代表されるような、骨太なロック満載です。70’sロックを彷彿とさせるメロディーに、エッジの効いたギターとレトロなキーボードが絡むサウンドは、ストライプスとはかなり違う印象。こうくると、ストライプスがどうなるのか気になってしまいますが、ジャック曰く「解散はしない」ということなので、今は心配せずにザ・ラカンターズを聴きましょう!
★★★★★★★★☆☆ (TK)

The Raconteurs
Broken Boy Soldiers
V2CP-275
ROCK

HMVでThe Raconteurs 『Broken Boy Soldiers』をチェック!

BOB SINCLAR『Weastern Dream』

 ザ・ウェイラーズのヴォーカル、ゲイリー・パインをフィーチャーした「Love Generation」が、全米ビルボード・ダンス・チャートで一位を記録。ヨーロッパ各国でもチャートの上位を独占し、ワールドカップ・ドイツ大会のキャラクター“GOLEO VI”のテーマにも採用されるなど、過去最大クラスの話題となっているフレンチ・ハウサー、ボブ・サンクラー。通算4作目となる本作には、その「Love Generation」に代表される、解放感に満ちたロッキン・ハウス・チューンが満載です。アコースティック&エレキ・ギターが刻むリズムに、熱い男性ヴォーカルが舞い踊る、天下無敵のパーティー・サウンドは、シーンにとっても新境地。もちろん彼の十八番である“ディスコ”テイストも健在です。
HOUSE ★★★★★★★★☆☆ (FT)

BOB SINCLAR
Weastern Dream
(JPN) RUSH / ACCR-10051

HMVでBOB SINCLAR『Weastern Dream』をチェック!

VARIOUS ARTISTS『Motivation 3 Compiled By Towa Tei』

 TOWA TEI監修のコンピレーション・シリーズ第三弾! レギュラー・パーティーの空気をそのままパックしたような、熱すぎず冷たすぎずのアッパー・チューンが満載です。
“これがあればDJできる!”という、DJを目指す人にも嬉しいコンセプトです。ジャケットはNYのグラフィティ・アーティストESPOが書き下ろし。アート・ディレクションへのこだわりはさすが! なんと、もう第四段のリリースも決定しているとか。
★★★★★★★★☆☆ (EU)

VARIOUS ARTISTS
Motivation 3 Compiled By Towa Tei
(JPN) AVEX / CTCR-14458
HOUSE

HMVでVARIOUS ARTISTS『Motivation 3 Compiled By Towa Tei』をチェック!