AMBROZIA『real 4 life』

ハウス・ミュージック・シーンでがんばるDJ 19が、ダウンテンポなチルアウト系サウンドを届けるために始動させたプロジェクト、AMBROZIA。約1年ぶりとなる2ndアルバムがリリースされました。パーカッションやホーンの使い方、ヴォーカルJULIANNEの洗練された歌声に、’80年代の煌びやかな様相と、リゾート都市の開放的な空気を感じる1枚。耳に心地いいです。

★★★★★★☆☆☆☆(JF)

AMBROZIA
real 4 life
(JPN) KONAMI / POCE-7339
CHILL

HMVでAMBROZIA『real 4 life』をチェック!

MOBY『Go – The Very Best Of Moby』

 ’99年にリリースした『Play』が1000万枚のセールスを記録し、名実共にトップ・エレクトロニック・ミュージック・アーティストの仲間入りを果たしたモービー。彼が、これまでのキャリア全体を包括する、初のベスト盤をリリースします。ニューヨーカーらしいヒネリのきいたセンスを、代表曲を通じて一気に楽しめる内容は、入門用に最適。パンキッシュなロック・チューンから、エモーショナルなアンビエント・サウンドまでこなす、ユニークな音楽性が確認できます。デビィ・ハリーをフィーチャーした新曲「New York, New York」では、なんとブロンディへのリスペクトを感じさせる、ポップなダンス・チューンも展開していますよ。全15曲を収録。
★★★★★★★☆☆☆

MOBY
Go – The Very Best Of Moby
(JPN) TOSHIBA EMI / TOCP-66629

MOBY『Go – The Very Best Of Moby』

ROVO『Condor』

 エレクトロニック・ヴァイオリン奏者の勝井祐二と、音づくりの要を担う山本精一ひきいる日本屈指のジャム・バンド、ROVO。今年で活動10周年を迎える彼らが、2年振り7作目となるフル・アルバムをリリースしました。なんと本作には、収録時間55分に、3パート構成の1曲のみを収録しています! そのパート1とパート2では、精鋭メンバー達による、ダビーでアヴァンな酩酊ジャム・セッションを展開。締めとなるパート3では、「E2-E4」を想い起こさせる夢想的なフレーズを、20分以上かけて徐々にピッチアップ、おそるべきドライヴ感を生み出しています。これはライブで聴いたら昇天必至ですね!。プログレッシブ・ロックにも通じる、スペイシーでサイケデリックなサウンドスケープに、ハマりまくれる貴重な一枚。
★★★★★★★☆☆☆ (TK)

ROVO
Condor
(JPN) WONDERGROUND / WRCD-36
ROCK

ROVO『Condor』

VARIOUS ARTISTS『Raja Ram’s Stashbag 4』

突然ですが、イメージしてください。PSYトランス・アンセムをほぼ完璧に網羅し、それらのピーク・パートを矢継ぎ早にミックスした、シーンの全貌が一度に把握できる、夢のようなコンピレーションを…。ハイ、それが今作! 本誌連載でも毎月スピリチュアル・トークを炸裂させている、PSYトランス・シーンの御意見番、御大ラジャ様の大人気ミックスCDシリーズ第4弾です(笑)。今回は1200MICS、GMS、アストリックス、エスキモーなどのフルオンを、一枚になんと25曲も収録! ギター・サイケから、ゴアなトライバル・テイストまでカバーする充実作に仕上げています。緩急つけた展開には、今回も持ってかれっぱなし、ヤラレっぱなし確実ですよー!
★★★★★★★★★☆ PSY TRANCE (SN)

VARIOUS ARTISTS
Raja Ram’s Stashbag 4
(UK) TIP WORLD / TIPWCD50

VARIOUS ARTISTS『Raja Ram’s Stashbag 4』

LILY ALLEN『Alright, Still』

 ロンドンから、PC世代のポップ・スターが誕生?! 20歳の彼女、学校生活とは15歳でおさらばし、音楽や本に没頭する生活を送っていたそうな。その生活が実を結んでか、シングル「Smile」は全英シングル・チャートで1位を獲得。“myspace”では五万人以上が“FRIENDS”登録する人気者に! ロンドンの荒れた日常を風刺したり、不甲斐ない昔の恋人を蹴散らす歌詞は、現代っ子らしく自己主張を持ったユーモアたっぷりな内容。音楽面でも、スカやグライム、ドラムン・ベース等を、とことんポップに仕上げるソング・ライティング・センスを持っています! 今後、今の勢いでどこまでのし上がれるか楽しみですね! う~ん、カワイイ。。。。
★★★★★★★★☆☆ (TK)

LILY ALLEN
Alright, Still
(JPN) TOSHIBA EMI / TOCP-66625
URBAN

HMVでLILY ALLEN『Alright, Still』をチェック!

MERCURY REV『The Essential Mercury Rev-Stillness Breathes (1991-2006)』

 1991年のメジャー・デビュー以来、ザ・フレーミング・リップスと共にUSオルタナ・ロック・シーンを築き上げてきたマーキュリー・レヴが、15年間の活動を凝縮した二枚組のベスト盤をリリースします! ディスク1には過去に発売された6枚のアルバムから14曲、ディスク2にはシングルB面や未発表曲など、ファンには涎ものの18曲を収録。中には、マーキュリー・レヴを崇拝しているケミカル・ブラザーズの、レアな名リミックス・トラックもアリ! バレアリック・サウンドの真骨頂とでも呼ぶべきサウンドが炸裂しています。全32曲のフル・ボリュームに美味しい所を凝縮した、このベスト盤。ファンはもちろん、ダンス・ミュージックしか聴かないという読者も必携でしょう!
★★★★★★★★★☆ (TK)

MERCURY REV
The Essential Mercury Rev-Stillness Breathes (1991-2006)
(JPN) V2 / V2CP-305/306
ROCK

HMVでMERCURY REV『The Essential Mercury Rev-Stillness Breathes (1991-2006)』をチェック!

DJ SHADOW『The Outsider』

 アブストラクト/インストゥルメンタル・ヒップホップの王様、DJシャドウによる通算三作目となるオリジナル・アルバムにして、問題作。“メジャー・レーベルらしいアルバムをつくる”というコンセプトで制作されており、ほとんどの曲名にはフィーチャリング・アーティストが併記されています。注目は、新たなスタイル“ハイフィー”を代表するキーク・ダ・スニーク、ターフ・トーク、E-40、フェデレイションらベイエリア勢や、デヴィッド・バナーと組んだトラック。ここでは、従来のDJシャドウとは全く異なるヒップホップ・サウンドを展開しています。一方、本来のテイストを継承したトラックの方には、Q-ティップ、クリス・ジェイムス、カサビアンのセルジオ・ピッツォルノらが参加。こちらでは、よりヴァラエティ豊かなアプローチを披露しています。彼の冒険心をどう解すかでかなり評価の割れる、リスキーな作品と言えるでしょう。
★★★★★★☆☆☆☆

DJ SHADOW
The Outsider
(JPN) UNIVERSAL / UICI-1048

HMVでDJ SHADOW『The Outsider』をチェック!

DELGUI『Let That Sound Out!』

 オランダのフューチャー・ジャズ・シーンを支える4LUXレーベルの中心、ジャード。その変名プロジェクト、デルギが1stアルバムをリリース。リスニング向きのクロスオーバー・サウンドを展開するジャードに対して、デルギではフロア指向のソリッドなをトラックを手掛けています。収録曲は、ウエスト・ロンドン・シーンのピークタイム・アンセムにもなった、「It’s Gonna Be Alright featuring Colonel Red」をはじめ、“これぞブロークン・ビーツ”という感じのダーティー&フレッシュなサウンドばかり! 先日メジャー・デビューを果たした、バグズ・イン・ジ・アティックの系譜を組むサウンドをお探しの方は、今作をチェックしておけば間違いナイでしょう!
★★★★★★★★☆☆ 

DELGUI
Let That Sound Out!
(JPN) OCTAVE-LAB / 4LUX / OTLCD1065
JAZZY

DELGUI『Let That Sound Out!』

VARIOUS ARTISTS『LIVE @ WOMB 03』

 ジャーマン・テクノ・シーンの実力者、クリス・リービングが、今年6月2日に渋谷WOMBにてプレイした模様を収録したライヴ・ミックスCD。2ラップトップPC、ミキサー、フィジカルコントローラーを使用した最新セットで、彼の代名詞となっているシュランツ系ハードテクノ・スタイルとはひと味違う、ダーク&ヘヴィなサウンドを展開。ポール・ウールフォード、ピース・ディヴィジョン、プラネタリー・アソート・システムズ、ヨリス・ヴォーン、ヴァンガードらのトラックを駆使し、リズムとベースのみで淡々とグルーヴの深みにハマらせていくような“ヤバ~い”プレイをしています。終盤ではより“テクノ”なノリへとシフト。ラストはモーター「Sweatbox」、ジ・アドヴェント「Tresor West」の、自身が手がけたリミックス・トラックでシメ。進化する彼のサウンドを体感できる、注目作です。
★★★★★★★☆☆☆

VARIOUS ARTISTS
Chris Liebing
LIVE @ WOMB 03
(JPN) WOMB / WOMB-013

VARIOUS ARTISTS『LIVE @ WOMB 03』

DE LA SOUL『The Impossible Mission』

 ニュースクール・ヒップホップの先駆けとして’80年代に登場し、今もなおシーンを支え続ける3人組デ・ラ・ソウル。日本オンリーのスペシャル・アルバムがリリースされました! 一部のUS、ヨーロッパツアーで500枚のみ販売されたスタジオ新録、前回来日時のライヴ音源、このアルバムのためにレコーディングされたという新曲が収録されています。オールドスクール・ファンクの名曲、ボビー・バード「I Know You Got Soul」や、ザップ「More Bounce To Ounce」など、大ネタ使いの楽曲もちらほら。10月ので再来日が決定しているだけに、往年のファンならずともチェックしておきたい一枚。
★★★★★★★★☆☆

DE LA SOUL
The Impossible Mission
-Operation Japan-
(JPN) OCTAVE / OTCD-2114
HIP HOP

HMVでDE LA SOUL『The Impossible Mission』をチェック!