RCF「iconica」ヘッドホン・レビュー|A.K.I.

Pocket

aki_1.jpg

ヨーロッパを代表する音響機器メーカー/ブランド、RCFが、イタリアのトップ・ダンス・ミュージック・プロデューサー /DJ、Benny Benassi(ベニー・ベナッシ)と共同開発したオンイヤー型ヘッドホン「iconica」(アイコニカ)。DJモニター用としてはもちろん、日常のスマートフォンやメディアプレーヤー用としても高いパフォーマンスを発揮する、RCFのエンジニアリングノウハウを結集させた話題のヘッドホンです。カラーはペッパーブラックとエンジェルホワイトの2タイプで、イタリアのブランドらしい洗練されたデザインも魅力的です。

都内を中心に活躍するDJ、A.K.I.は、そんなRCF「iconica」のペッパーブラックを愛用している若手DJのひとり。ここでは、彼に「iconica」の使い心地やチャームポイントについて解説してもらいました。


aki_1.jpg

RCF「iconica」ヘッドホン・レビュー|A.K.I.

__まずは、A.K.I.さんの現在のDJ活動状況について教えてください。

現在はageHaでよくDJをさせてもらったり、ELE TOKYOのラウンジでDJをさせてもらったりという感じです。月に3~4回という感じですかね。今後はVISION、ageHaのイベントでプレイする予定があります。あと、スタッフとして“TURNED ON”のお手伝いもしてます。

__もともとA.K.I.さんがクラブ・ミュージックやEDMを好きになった経緯は何だったんですか?

僕は、生まれは日本なんですが、生まれて2ヶ月の時からタイのバンコクに住むことになったんです。で、ずっと現地のインターナショナル・スクールに通っていたんですけど、そうするとヤンチャになる年齢がちょっと早めなんです…僕の場合だと14~15歳くらい(笑)。で、クラブに出入りするようになって、そこで出会った先輩と仲良くなって、“一緒にイベントやらない?”って誘われて、クラブ・ミュージック・シーンと関わるようになっていった感じです。その先輩が僕のイマジネーションとクリエイティヴィティを気に入ってくれて、イベントの企画を頼まれたりして…それを18歳くらいまで続けてました。高校時代ですね。毎月やってたんですけど、アベレージで500人くらい来てたんですよ。ハロウィーンで1700人来たこともありました。

__バンコクでは、クラブ・シーンは身近にある感じだったんですか?

そうですね。インターナショナル・スクールに通っていると、夜に遊びにいくとなると、みんなある段階でクラブには(笑)。もう7年くらい前で、当時はまだEDMブームのちょっと前だったと思うんですけど、アーミン、ティエスト、ポール・ヴァン・ダイク、ベニー・ベナッシなんかがヒットしてました。だからその流れで自然とEDMプロデューサーの音楽も聴くようになっていきましたね。

__今はどの辺りのサウンドが好きで、DJではどういったプレイが中心なんでしょうか?

もともとはトランスが好きだったんですけど、そこからエレクトロ・ハウスやプログレッシヴ・ハウスをプレイするスタイルに変わって…でもずっとそれをやっていたらちょっと疲れちゃって(笑)、そうこうしているうちにディープ・ハウスやフューチャー・ハウスにハマって、さらにフューチャー・ベースにトロピカル・ハウス…ちょっとゆっくり目な音にハマっちゃってますね(笑)。だから今は、個人的にはラウンジとか、ageHaだったら“Water”でDJプレイする方が好きです。その方がDJしていても楽しい感じがあって…。アゲアゲの曲をプレイして盛り上げるよりも、ハウス系のグルーヴィーな音楽で、いい感じでヴァイブスを上げていく方が難しいので、やっていてチャレンジングでもあり楽しいんです。

__A.K.I.さんにとって、DJやクラブ・シーンの魅力って何でしょう?

僕はお酒を飲まないこともあって、純粋にクラブに遊びに行くってことが少ないかわりに、スタッフやDJとしては頻繁にクラブに行くわけですけど…それをやれている理由は、現場にいる人達を楽しませたいという気持ちや、実際に笑顔を見られた時の楽しさ、なんだと思いますね。ただクラブに行くよりも、ある時点からプロデュースに関わって自分でつくり上げていく方が楽しいってことに気付いて、その魅力にハマったんだと思います。

aki_2.jpg

__では、イタリアのヘッドホン、RCF「iconica」(アイコニカ)について教えてください。まず「iconica」を使っていて、印象はいかがですか?

本当に素晴らしいと思います。音もいいし、遮音性も抜群だし、ヘッドホン自体の軽さもいいし、つくりも頑丈だし、毎日愛用してます。実際に「iconica」を使っている感覚では、このお値段は完璧なプライスだと思います。メッチャ使ってますよ。前に使っていたヘッドホン二つは、もう完全に眠った状態になっちゃいました(笑)。持ち運びも「iconica」、電車の中も「iconica」ですよ。コンパクトで軽いんで、常に付けていられるんです。本当に楽です。

__現在の主力ヘッドホンの座を「iconica」が射とめたわけですね。音の感じは、いかがですか?

友達のヘッドホンとかも借りていろいろ聴き比べしたんですけど、僕としては「iconica」がダントツで好みでしたね。「iconica」のコンセプトの一つに“ステージ上の音を演出する”というのがありますけど、本当にその通りだと思います。それに、DJしてる時に音がとりやすいんです。遮音性の良さもあって、ビートマッチが本当にしやすいですね。余計な音が入ってこない上に、重低音から細かい音、ハイの音まで聴きとりやすいんです。サラウンドみたいに音が入ってきますね。EDMを聴いていると、広いレンジでベース音が聴きとれるのがよく分かりますよ。

__他に、お気に入りポイントがありましたら教えてください。

イヤーパッドの角度調整が自在にできちゃうのがいいですね。気分によって前にも後ろにもいろいろ調整できるんです。一つ気付いたのは、ちょっと斜めにヘッドホンを付けて、イヤーパッドの角度調整も使うと、横になって寝ている時もヘッドホンをつけたままでいられるんですよ(笑)。こんなことまでできるヘッドホンは、他に知らないです。あとはデザイン的に“基本”というか、とてもシンプルでベーシックなところも良いです。ベニー・ベナッシのマークも裏側に入っていて、それもオシャレですし。僕、DJとしてヘッドホンが目立ちすぎても…って思ったりもしてるんですよ。

__なるほど。そういう点で「iconica」はまさに理想型に近いカッコいいシルエットですよね。

以前オーダーメイドしたヘッドホンを使っていたことがあったんですけど、今ふり返ってみるとヘッドホンばっかり目立っちゃっててアレ?みたいな(笑)。ともかく僕としては、DJしていて何よりも重要なのは、まずはヘッドホンの軽さだと思います。飛び跳ねたりした時に重くてズレたり機材の上に落ちたりしちゃうのって、そもそも良くないですから。

__では最後に、A.K.I.さんの今後の活動目標を教えてください。

DJとしては、ageHaのメインステージでデビューしたいですね。個人的には、“TURNED ON”のイベントもしっかりやっていきたいと思っています。あとは、友人達と“BassSick”というレーベルを立ち上げたんです。国内外でたぶん20人くらいのクルーがいるんですけど、ここではこれまでの経験を活かして、若手のDJ、プロデューサーなどを支えつつ活動していきたいと思っています。基本的には、みんな大学生世代ですね。17~18歳から26歳くらいまでの仲間が中心で、僕はなんというかまとめ役みたいな感じで“BassSick”関わっている感じです。で、“BassSick”のクラブイベントも都内でやっていて、もう5~6月くらいまではスケジュールが決まってきているんで、注目してもらえると嬉しいです。

A.K.I. a.k.a. TETSUJIN
https://www.facebook.com/aki.aka.hideaki
https://www.instagram.com/aki_aka_hideaki/

BassSick
https://www.facebook.com/basssicktokyo/
http://flip-production.com/

interview: iLOUD


RCF_iconica.jpg

RCF iconica
http://rcf-jp.com/iconica/
http://electori.pj.shopserve.jp/

価格:オープン(市場予想価格 ¥26,000+税)
カラー:PEPPER BLACK / ANGEL WHITE

主な特徴
・コンパクトデザイン
・オンイヤー設計
・ヘッドバンドの調整
・アルミニウム製の回転式メインジョイント
・快適性を追求したイヤークッション
・左右2箇所にコネクタ部を用意
・マイクロフォンおよびボリュームコントローラを搭載したケーブル(Apple iPhone, iPad, iPod互換)
・高い音圧レベル
・強化された低音再生
・多くのスマートフォン、タブレット、MP3プレーヤーに対応

技術仕様
・ヘッドホンタイプ:オンイヤー/密閉型
・ドライバ:ダイナミック
・トランスデューサ口径:40mm
・ネオジウムマグネット:25mm
・ボイスコイル:20mm – 銅をコーティングしたアルミニウム線をワイヤリング
・周波数特性:20Hz – 20kHz
・インピーダンス:16Ω
・感度:102dB / 1mW
・コネクタ:3.5mm with φ6.3mm (ゴールド)
・重量:240g(コード含まず)

同梱しているもの
・コイルケーブル
・マイク付きリモートケーブル(Apple iPhone, iPad, iPod互換)
・プラスチック製キャリーパック
・3.5mmミニプラグから6.3mm標準プラグへの変換アダプタ
・正規代理店エレクトリ保証書

Posted in special.