iLOUDが選ぶ、2009年のベスト・クラブ・トラック

Pocket

2009年も、もう大詰め中の大詰め。今年もたくさんの素晴らしいクラブ・トラックがリリースされました。その中から、iLOUDが5曲を、2009年のまとめの意味も込めて、PVでご紹介しましょう。

1.Calvin Harris「I’m Not Alone」
2009年最大のクラブ・アンセムと言えば、おそらくこの曲。トランス風のリフで、フェスやビッグルームを揺らしました。ティエストやペンデュラムのリミックスも人気に。


2.Axwell,Sebastian Ingrosso,Steve Angello, Laidback Luke「LEAVE THE WORLD BEHIND」
ハウス・シーンではSwedish house Maffiaを中心に、アッパーなハウスがメインストリームとなりました。David Guettaの大活躍ぶりも、印象に残りましたね。

.

3.The Count & Sinden 「MEGA」
アンダーグラウンドではフィジェット・ハウスの人気も継続していました。The Count & Sindenは、その中心役。

4.Dizzee Rascal & Armand Van Helden「Bonkers」
Dizzee Rascalの再躍進も印象に残りました。グライム出身のラッパーは、今後も各方面から注目の存在ですね。

5.Major Lazer「Pon De Floor」
SwitchとDiploは2009年も台風の目でした。エレクトロとレゲエが出会って、大人気に。


Pon De Floor featuring Afro Jack & VYBZ Cartel

Major Lazer | MySpaceミュージックビデオ

はたして2010年は、どんな新しいクラブ・トラックが生まれるのでしょうか?
今から楽しみですね!
それでは、よいお年を!!!

videoカテゴリーの記事