How To Destroy Angels「The Space in Between」

Nine Inch NailsのTrent Reznorと、その妻Mariqueen Maandig、そしてAtticus Rossからなるプロジェクト、How To Destroy Angelsが、「The Space in Between」のPVを公開しました。「The Space in Between」は、How To Destroy Angelsがこの夏リリースする、セルフタイトル6曲入りEP収録曲です。ちなみにHow To Destroy Angelsのファースト・シングル「A Drowning」は、現在彼らのMySpaceで聴くことができます。

Pendulumの『Immersion』を全曲試聴

pendulum_jk.jpg

Pendulumが、6/9リリースのニュー・アルバム『Immersion』の全曲試聴(30秒)をYouTubeのPendulumチャンネルでスタートしました。ドラムンベースゆずりのパワフルな高速ビート、メタリックかつシンフォニックなシンセ・サウンドを、より華麗に発展させた『Immersion』。シングル曲「Watercolor」や「Salt In The Wounds」を筆頭に、ビッグ・ステージ映えする、フィジカルで開放感に満ちた楽曲がつまった作品となっています。

Pendulumはライブ・パフォーマンスにも定評があるので、出演が決定している今年のサマソニでは、ぜひ彼らのライブをチェックしてみてください。

続きを読む

SUMMER SONIC 2010 第9弾出演アーティスト&ステージ割り発表

summersonic_logo.jpg

SUMMER SONIC 2010が第9弾出演アーティストと、ステージ割りを発表しました。今回新たに発表されたラインナップは以下のとおり。

8.7(sat) TOKYO/8.8(sun) OSAKA
KREVA / the HIATUS(T) / GENERAL FIASCO / ATARI TEENAGE RIOT(T) / FREEBASS(T) / NADA SURF(T) / ELLIOT MINOR(T) / BEAT CRUSADERS / HAIL THE VILLAIN(O)

Midnight Dance※Tokyo Only
BUSY P / BRODINSKI / STEVE AOKI

8.8(sun)TOKYO/8.7(sat)OSAKA
DIE ANTWOORD / AA= / androp / BAND OF SKULLS(T) / ONE OK ROCK(T)

(T)=Tokyo Only / (O)=Osaka Only

東京1日目の深夜ステージに、ATARI TEENAGE RIOTや、ピーター・フック(ex. New Order)、アンディ・ルーク(ex. The Smith)、マニ(Primal Scream)というベーシスト3人からなるFREEBASSの出演が決定。そのほかにも、BUSY P、BRODINSKI、STEVE AOKIらが出演するMidnight Danceステージが登場。エレクトロ・ファンは見逃せませんね。

SUMMER SONIC 2010のステージ割りと全体の詳細は、コチラをご覧ください。

MATT & KIM インタビュー

matt_kim_top

ニューヨークのブルックリンを拠点に活動する、マット・ジョンソン(Keys/Vo)とキム・シフィノ(Dr/Vo)からなる男女デュオ、MATT & KIM。シンセとドラムのみというシンプルな編成から繰り出される、ポップで、ダンサブルで、パンキッシュで、そして手づくり感満点のサウンドが持ち味の、いかにもブルックリンらしいセンスを持った注目株です。

そんな彼らが、最新アルバム『GRAND』(’08)に、リミックス曲を追加収録した日本編集盤、『GRAND – Deluxe Edition』をリリースしました。本国で40万枚のセールスを記録した「Daylight」や、全米大学生の投票によって選ばれるMTVのWoodie Awardsで、ベスト・ビデオ2009賞を受賞した「Lessons Learned」を収録した話題作です。

というわけで、ここではメンバーのキムに、本作の内容とMATT & KIMの音楽性について聞いてみました。なお、彼らはフジロックで来日することが決定しています。

MATT & KIM インタビュー

iLOUD のご利用方法

いつも、iLOUDをご愛読いただき、まことにありがとうございます。iLOUDは、旬のロック、ポップ、クラブミュージックに関する情報を伝えるサイトとして、2008年から本格的に更新を開始いたしました。この記事では、その効果的な読み方をご紹介したいと思います。

続きを読む

2010年5/16-5/22の注目リリース

今週リリースのうち、アルバムの65daysofstaticからGLIMPSEまでは、現在発売中のLOUD185号にて、坂本美雨からATOM & MASAKI SAKAMOTOまでは5月31日発売のLOUD186号にてピックアップしております。そちらもよろしければチェックしてみてください。

ALBUMS

0516_65DOS.jpg
65daysofstatic/ We Were Exploding Anyway
’04年に『The Fall Of Math』でデビューしたを果たした、UK出身のインストゥルメンタル・ポスト・ロック・バンド。新作では、従来のヘビーなギター・サウンドやブレイクビーツを部分的にキープしつつも、さらにダンサブルでエレクトロニックな音世界を追求。これまで以上にダイナミックかつドラマティックな楽曲が詰まった作品。
5/19リリース(ROCK)★★★★★★★☆☆☆

0516_yeasayer.jpg
YEASAYER/ Odd Blood
’07年にデビューした、ブルックリンの3ピース・インディー・バンドによる最新作。前作のサイケデリックなフィーリングはそのままに、マジカルなシンセ、ダンサブルなビートを大胆に配した、エレクトリックなサウンドへ変化。よりカラフルでポップな音世界を展開。
5/22リリース(POP/ ROCK) ★★★★★★★☆☆☆

0516_halfby.jpg
HALFBY/ The Island of Curiosity
DJ / レコード・バイヤーとして活躍する、高橋孝博によるソロ・プロジェクトの約3年ぶりとなる新作。自身の持ち味であるファンキーなビート使いはそのままに、ラテン、ソカ、アフロ・ビートなどを彷彿とさせる、トロピカルなパーティー・チューンが詰まった作品。
5/19リリース(TROPICAL/ BREAK BEATS) ★★★★★★★☆☆☆

0516_glimpse.jpg
GLIMPSE/ Runner
漆黒のミニマル / クリック・サウンドを展開した“% Black”シリーズで注目を浴びたプロデューサーによる、初のオリジナル・アルバム。ディープ・ハウス、デトロイト・テクノからの影響や、トライバル、カリビアン等の多彩な要素を、ミニマル〜クリック以降の手法で表現。
5/19リリース(HOUSE/ TECHNO) ★★★★★★★☆☆☆

0516_miu.jpg
坂本美雨/ PHANTOM girl
’97年にRyuichi Sakamoto featuring Sister M名義でデビューしたシンガーの、約1年半ぶりとなる5thソロ・アルバム。中国人クリエイターのThe Shanghai Restoration Projectをプロデューサーに迎え、オリエンタルかつ繊細なポップ・エレクトロニカを展開。
5/19リリース(POP/ ELECTRIC) ★★★★★★★☆☆☆

0516_dumdumgirls.jpg
DUM DUM GIRLS/ I Will Be
名門SUB POPと契約を交わした、カルフォルニアの新鋭4ピース・ガールズ・バンドのデビュー・アルバム。“ラモーンズとザ・ロネッツをミックスした音”とも形容される、キュートで、ドリーミーで、そしてノイジーなサウンドを展開。
5/19リリース(POP/ ROCK) ★★★★★★★☆☆☆

0516_hocus.jpg
HOCUS POCUS/ 16 Pieces
DMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPの団体部門にて、4連覇の記録を持つフランスのクルー、C2Cのメンバーであるヴァンシールを中心に構成されたバンド。3rdアルバムでは、前作とは対照的な、よりダンサブルで、ヒップホップ・マナーに回帰した音楽性を展開。
5/19リリース(HIP HOP)★★★★★★★☆☆☆

0516_atmskmt.jpg
ATOM & MASAKI SAKAMOTO/ Alien Symphony
SL@yRe& The Feminine Stoolξやソロ名義でも活動するマサキ・サカモトと、セニョール・ココナッツ名義でも人気のアトム・ハートによるコラボ・アルバム。9章に別れた全41曲に渡って、多様な音楽スタイルを自在に使いこなしたエレクトロニック・ミュージックを展開。
5/19リリース(ELECTRONIC) ★★★★★★★☆☆☆

0516_maison9.jpg
V.A./ Kitsune Maison Compilation 9
フランスのレーベル、Kitsuneが送る人気コンピ・シリーズの最新作。YuksekやCrookers feat. Yelleといったエレクトロから、Two Door Cinema Clubといった新鋭バンド、Washed Outのようなチルウェイブ / グローファイ系まで、多彩な18曲を収録。
5/19リリース(POP/ ROCK/ ELECTRO) ★★★★★★★☆☆☆

0516_avi.jpg
AVI BUFFALO/ Avi Buffalo
弱冠21歳のソングライター、アヴィ率いる、カリフォルニアの4人組バンドによるデビュー作。穏やかで開放感のあるアコースティック・ポップ・サウンドに、中性的なハイトーン・ボーカルが心地よい、サイケデリックでピュアな世界に浸らせてくれる好作。
5/19リリース(POP/ ROCK) ★★★★★★★☆☆☆

0516_rtc.jpg
V.A./ DEXPISTOLS & ROC TRAX presents ROC TRAX JAM REMIXES
DJ DARUMAとDJ MAARからなるDJユニットDexpistols率いるレーベル、ROC TRAXから、今年1月にリリースされたアルバム、『LESSON.06“ROC TRAX JAM”』のリミックス盤。Dexpistolsをはじめ、MyssやM.S.KらROC TRAXクルーがお互いの楽曲をリミックス。
5/19リリース(ELECTRIC) ★★★★★★☆☆☆☆

0516_myss.jpg
MYSS/ Myss Take
Dexpistols率いるレーベルROC TRAXに所属し、数々のリミックス・ワークで頭角を現している若手デュオの1stアルバム。エレクトロを軸に、ハウス・グルーヴやロック的な衝動を表現した、新世代クリエイターの勢いを感じることができる一作。
5/19リリース(ELECTRO/ ROCK) ★★★★★★☆☆☆☆

0516_KAITO.jpg
KAITO/ Trust Less
HIROSHI WATANABEによるプロジェクト、KAITOの最新アルバム『Trust』のビートレス・バージョン。ハウスを軸に、ダブやアンビエント、シューゲイズ・サウンドの要素も持つ、淡い水彩画のように繊細なサウンドスケープを、よりいっそう堪能できる作品。
5/19リリース(AMBIENT)★★★★★★☆☆☆☆

0516_BT.jpg
BT/ These Hopeful Machines
トランスやエレクトロニカのほか、映画サントラなども手がけているトップ・クリエイターによる、約4年ぶりの新作。前衛的なビートを控えめにし、キャッチーでメロディアスなボーカル曲を前面に押し出した、2枚組計2時間にわたる大作。
5/19リリース(POP)★★★★★★☆☆☆☆

0516_DID.jpg
DID/ Kumar Solarium
伊トリノ出身インディー・ロック・バンドのデビュー作。全編を通して、ディスコ・パンク~ニュー・エキセントリックの流れをくむ、メランコリックでダンサブルなサウンドを展開。ボーナス・トラックに、「Another Pusher Blues (These New Puritans Remix)」を収録。
5/19リリース(ROCK)★★★★★★☆☆☆☆

0516_midori.jpg
ミドリ/ shinsekai
ハードコア・パンクとジャズ、民謡など多彩な要素を融合させた、斬新な音楽性で人気を博すバンドの、約2年ぶりとなるオリジナル・アルバム。ライブでおなじみの「さよなら、パーフェクトワールド。」やミドリ的ダンス・ナンバー「メカ」など、全10曲を収録。
5/19リリース(ROCK)★★★★★★★☆☆☆

ALBUMS

0516_immi.jpg
immi/ Sign of Love
’07年のデビュー以来、独自路線のエレクトロを展開しているシンガーの3rdシングル。表題曲の「Sign of Love」は、フジテレビ系アニメ『さらい屋五葉』OPテーマで、immi流“普遍の愛の形”を歌った楽曲。カップリングの「FIGHT BACK」は、表題曲と表裏一体となる、裏ラブ・ソング。
5/19リリース(ELECTRO/ POP) ★★★★★★★☆☆☆

Faithlessの『The Dance』を全曲試聴

Faithless_TheDance.jpg

Faithlessが、『The Dance』の全曲試聴をMySpaceで開始しました。『The Dance』は、Faithlessが5/16にリリースを予定しているニューアルバム。すでに同アルバムからは、「Not Going Home」がEric Prydzのリミックスでクラブ・ヒットしていますが、アルバムは、かなり多彩なものとなっていますので、クラブ・ミュージック・ファンならずとも楽しめると思います。

続きを読む

Underworldが新曲「Scribble」を発表

Underworld_Scribble.jpg

Underworldが、2年半ぶりとなる新曲「Scribble」を発表、そのラジオ・エディット(192kbps音質mp3)が、1週間の期間限定で、オフィシャルサイトからダウンロードできるようになりました。

ダウンロードには、まずアカウント登録が必要で、登録ページで、メールアドレスを二回、パスワードを二回と、お好みのユーザーネームを入力した後、下にあるregister & become a memberというリンクをクリックしてください。そうすると、メールでUnderworldlive.com Account Activationというのが送られてきますから、そのリンクをクリックすれば登録は完了です。

続いて、ログインページからログインすると、中段のアートワークの横にClick here to download!というリンクがあるので、これをクリックすればダウンロードできます。

「Scribble」を聴いて気に入った方は、Underworldのショップで、320kbps高音質mp3やCDクオリティーWAVファイルの購入も可能となっています。

「Scribble」は、Hospitalに所属するドラムンベース・アーティスト、High Contrastとのコラボレーション作品で、“Yellow Magic OrchestraとGrooveriderが、金曜夜にFabricのダンスフロアで遺伝子結婚したようだ”と、アンダーワールド自ら表現する、ポップでダンサブルな一曲。夏の終わりにリリースが予定されている、待望のニューアルバムに収録されるということです。

Hoobastank、来日決定(2010年8月)

hoobastank.jpg

Hoobastankが来日、2010年8月27日の東京・赤坂BLITZ公演を皮切りに、東名阪3会場をまわるアコースティック・ツアーを開催することになりました。’94年にLAにて結成し、Linkin ParkやIncubus、Avenged Sevenfoldらとともに、地元でバンド活動をスタートしたHoobastank。’01年に全米デビューを果たしてからは、その壮大で美しいメロディー・ラインとアグレッシヴなサウンドが多くの人々に受け入れられ、デビュー以来、5枚のオリジナル・アルバムと、1枚のベスト・アルバムをリリースしています。そんな彼らは、今年8月に新たなチャレンジとして、アコースティック・アルバムをリリース予定。このツアーは、そのアルバムを引っさげて行われます。「Reason」、「Crawling in the Dark」など名曲の数々がアコースティックで生まれ変わるこの機会をお見逃しなく。ツアーの詳細は、続きからチェックしてみてください。

続きを読む