Los Campesinos!、来日決定(2011年11月)

LC.jpg

11月2日にニュー・アルバム『ハロー・サッドネス ~さよなら勇気、悲しみよこんにちは(Hello Sadness)』をリリースするUKインディー・バンド、ロス・キャンペシーノス!(Los Campesinos!)の来日公演が決定しました。日程は、11/24(木)東京代官山UNIT。

現在、ロス・キャンペシーノス!日本公式サイトでは、アルバムからのリード・シングル「バイ・ユア・ハンド~君の手によって(By Your Hand)」のPVが公開中で、フリーダウンロードも行われておりますので、是非チェックしてみてください。

来日公演の詳細は、続きをご覧ください。

続きを読む

The Horrorsのスタジオ・ライブをKCRWで

ロンドン出身のロック・バンド、The Horrorsが、LAのFMラジオ局、KCRWでスタジオ・ライブを行いました。現在その模様を、上のウィジェット(またはKCRWのサイト)で見ることができます。スタジオ・ライブでも、ドリーミー&ダークな耽美的ムードは健在ですね。ちょっとしたトラブルがあったりするのも、面白かったりします。

Plaid『Scintilli』インタビュー

plaid_jk.jpg

エド・ハンドリーとアンディ・ターナーからなるテクノ・ユニット、プラッド。UKテクノ黎明期の’80年代末から活動を開始し、ブラック・ドッグ・プロダクションのメンバーだったことでも知られる彼らは、後のエレクトロニカ、IDMに多大な影響を与えてきたベテラン・アーティストです。近年は、マイケル・アリアス監督の映画『鉄コン筋クリート』と『ヘブンズ・ドア』に音楽を提供するなどして、活躍の場を広げてきました。

そんな彼らが、オリジナル・アルバムとしては’03年の『Spokes』以来となる最新作『Scintilli(シンティリ)』を9/17にリリースします。彼らが、“きっとこの先、現代の音楽再生デバイスから受けるせわしないテンションにも打ち勝って、長く聴き続けられる音楽になるだろう”と語る力作です。

ここでは、そんな『シンティリ』の内容について、プラッドのメンバー、エドに話を聞きました。

(追記 9/15)なお、12/3 (SAT) に渋谷WWWで行われる来日公演に、追加アーティストに日本のAOKI takamasa、Ametsub、coppe’+kenseiの出演が決定しています。

続きを読む

Martyn『Ghost People』インタビュー

martyn_jk.jpg

’90年代中頃にドラムンベースのDJとしてキャリアをスタートさせ、’00年代以降はコード9らと共にベース・ミュージック・シーンの発展にも貢献してきたオランダ出身のアーティスト、マーティン。’07年にリリースしたシングル「Broken/Shadowcasting」で打ち出した、新機軸のダブステップ・サウンドで一躍脚光を浴びると、’09年には自身が運営するレーベル、3024からファースト・アルバム『Great Length』を発表。高い評価を獲得しています。

そんな彼が、フライング・ロータスが主宰するLAの人気レーベル、BRAINFEEDERから、待望のセカンド・アルバム『ゴースト・ピープル』を9/17にリリースします。フライング・ロータスが彼のサウンドに惚れ込み声をかけたことで実現したという注目作です。

ここでは、そんな『ゴースト・ピープル』の内容について、マーティンに話を聞いてみました。

続きを読む

The Vaccines、来日決定(2012年2月)

TheVaccines_A.jpg

ロンドンを拠点にする4ピース・ロック・バンド、The Vaccines(ザ・ヴァクシーンズ)が、2012年2月に、東京LIQUID ROOM(2/15 水)と大阪BIG CAT(2/16 木)で来日公演を行うことになりました。

今回の公演は、TOWER RECORDSとSMASHの共同企画「NEXT BREAKERS」第1弾として開催されるもの。フジロックで来日を果たしたものの、かねてより予定されていた4月公演、10月公演が連続でキャンセルになってしまっていたので、三度目の正直で今度こそお願いします!

続きを読む

Trombone Shorty & Orleans Avenue、来日決定(2012年2月)

Trombone_Shorty.jpg

トロンボーン・ショーティ&オーリンズ・アヴェニューが、2012年2月に、約1年ぶりとなる単独ツアーを行うことが決定しました。

ニューオリンズ出身で、現在25歳のトロンボーン・ショーティ(トロイ)は、4歳で初ステージを経験し、これまでに U2、グリーン・デイ、 レニー・クラヴィッツなといったの大物と共演してきた実力者。昨年、ロック、ファンク、ソウル、ジャズ、ヒップホップなど、様々なジャンルをミックスしたソロ・アルバム『バッカタウン』をリリースし、グラミーにノミネートされています。フジロックで初来日を果たしておりますね。
昨年末に行った単独ツアー以来となる今回の来日公演は、9/21にリリースされる、ジェフ・ベック、キッド・ロック、レニー・クラヴィッツ、シリル・ネヴィル等が参加したニュー・アルバム『フォー・トゥルー』(FOR TRUE)を引っ提げてのものとなります。

続きを読む

LOUD本誌 休刊のお知らせ

1994年の創刊以来、17年間の長きに渡り発刊してまいりましたLOUDですが、
誠に勝手ながら、9月30日発売の202号をもちまして休刊とさせていただきます。

けっしてメジャーとは言えない音楽を中心にピックアップする雑誌でありながら、
大手資本のバックアップも受けずに、ここまでやってくることができたのは、
ひとえに読者の皆様を始めとする多くの方々のおかげだと感謝しております。

またいつの日か、LOUDが復刊することもあるかもしれませんが、
それまでは、このウェブマガジンiLOUDを、なにとぞよろしくお願いいたします。

有限会社エクストラ
LOUD編集局長
平田 知昌

Cut Copy「Blink And You’ll Miss A Revolution」

オーストラリアのエレクトロ・ポップ・バンド、Cut Copyが、「Blink And You’ll Miss A Revolution」のPVを公開しました。「Blink And You’ll Miss A Revolution」は、Cut Copyが2/8に海外リリースしたサード・アルバム『Zonoscope』からの最新シングルです。ビデオは、フランスで撮影されたそうです。