LIARS『Drum’s Not Dead』

 同郷のヤー・ヤー・ヤー・ズと共に、2003年から2004年にかけてのNYアンダーグラウンド・ロック・シーンを盛り上げた立役者、ライアーズのサード・アルバム。今作は、NYを離れ、ベルリンへ拠点を移してのリリースとなりました。ディストーションと不協和音を極限まで追求したサウンド・スケープと、呪術的なヴォーカルはあくまで引き立て役で、全編を支配しているのは、アルバム・タイトル『果てしなきドラム』の文字通り、圧倒的な存在感のドラム。とことん徹底してアヴァンギャルドな世界観からは、まるでこの世のものとは思えない切迫感を覚えます。元々ディスコ・パンクと言われていた彼らが、三作目にして真のルーツへと辿り着いた、意味ある一枚と言えるでしょう。
ROCK ★★★★★★★★☆☆ (TK)

LIARS
Drum’s Not Dead
(JPN) TOSHIBA EMI / TOCP-66463

HMVでLIARS『Drum’s Not Dead』をチェック!

VARIOUS ARTISTS『DJ-KiCKS The Exclusives』

ドイツのレーベル!K7がスタートさせた名門DJミックス・シリーズ、『DJ Kicks』が10周年&通算25作目を迎えました。それを記念して、過去に各アーティストが提供した独占トラックをまとめた作品集がリリースされました。まずは収録アーティストの名前を見てください! K&D、DJカム、テラーノヴァ、シーヴァリー・コーポレーション、キッド・ロコ、トゥルービー・トリオ、ヴィクター・デュプレ、プレイグループ、ティガ、チキン・リップス、アーランド・オイエ、ザ・グリマーズ、アニー、そしてカール・クレイグ。ダウンテンポからエレクトロニック・ポップ、テクノまで、レア&ハイクオリティなトラック満載ですよ。コレクター心をくすぐりますね!
ALL GENRE★★★★★★★★☆☆ (FT)

VARIOUS ARTISTS
DJ-KiCKS The Exclusives
(JPN) HOSTESS/!K7 / !K7200CDJ

HMVでVARIOUS ARTISTS『DJ-KiCKS The Exclusives』をチェック!

ABOVE & BEYOND『Tri-State』

 ポール・ヴァン・ダイク、ティエスト、アーミン・ヴァン・ヴューレンなど、トップDJ達から絶賛を浴びている、ユーフォニック・トランスの最先端レーベル、ANJUNABEATS。その主宰であるジョノ・グラントを中心とした3人組が、アバヴ&ビヨンドです。マドンナのリミキサーとしても有名ですね。このたび満を持して、ファースト・アルバム『Tri-Stete』を発表することとなりました。制作に2年を要したこの作品には、アンディー・ムーアを迎えた’05年のヒット曲「Air For Life」、最新シングル「Alone Tonight」の他、書き下ろしの未発表音源を多数収録。優雅でエモーショナルな、アバビのオリジナリティー溢れる世界を構築しています。
TRANCE ★★★★★★★★☆☆ (TU)

ABOVE & BEYOND
Tri-State
(UK) ANJUNABEATS / ANJCD004

HMVでABOVE & BEYOND『Tri-State』をチェック!

VARIOUS ARTISTS mixed by ARMIN VAN BUUREN『A State Of Trance Year Mix 2005』

 昨年11月に待望の再来日を果たした、世界的トランス・クリエイター / DJ、アーミン・ヴァン・ビューレン。彼がコントロールするレーベルと同名のラジオ・ショー『A State Of Trance』で、過去一年間にプレイされたヒットサウンドを凝縮した“年間まとめコンピ”が登場。なんといっても驚きは、CD1に44曲、CD2に38曲、合わせて82曲というそのボリューム。オーガニックなプログレッシブ・トラックから高揚感に富んだ美系トランスまで、アーミンの壮大かつ上品なトランス趣味を反映した絶妙の選曲です。これだけ収録曲が多いにも関わらず、まるで一曲を聴いているかのような錯覚に陥る天才的コンパイル能力も特筆もの。ユーロ・トランスの入門編にもオススメです。
TRANCE ★★★★★★★☆☆☆ (TU)

VARIOUS ARTISTS mixed by ARMIN VAN BUUREN
A State Of Trance Year Mix 2005
(USA) CLOUD9 / CLDM300582

HMVでARMIN VAN BUUREN『A State Of Trance Year Mix 2005』をチェック!

FANTASTIC PLASTIC MACHINE『Imaginations』

FANTASTIC PLASTIC MACHINEこと田中知之が5thアルバムを完成させました! シリーズ・コンピ『Sound Concierge』を定期的にリリースしていることもあって、全くお久しぶりな感じはしないのですが、オリジナル・アルバムとしては実に2年ぶりのリリースです。そんな今作には「Music Sounds Better With You」のベンジャミン・ダイアモンドをフィーチャーした先行シングル「Tell Me」を含む全13曲を収録。他にもタヒチ80、BONNIE PINK、SU(RIP SLYME)、アグリー・ダックリング、クラジクワイ・プロジェクトとおそるべき面々がゲスト参加しています。ハウス、ロック、ディスコ、ジャズがクロスオーバーする、ポップなプラスティック・ワールド全開!
HOUSE ★★★★★★★☆☆☆ (S.N)

FANTASTIC PLASTIC MACHINE
Imaginations
(JPN) AVEX / CTCR-14456

HMVでFANTASTIC PLASTIC MACHINE『Imaginations』をチェック!

V.A.『Outer Limits』

ニュー・アルバム『Emergency Broadcast System』をリリース、それに伴う来日公演も好評に終えた、PSYトランス・シーンのマッド・サイエンティスト、GMS。彼らが主宰するSPUN RECORDSからのフルオン・コンピレーションが、またまた届きました。監修したのは、もちろんGMSのリクタム&バンジー。彼らが携わった未発表音源3曲はもちろんのこと、リクタムの実弟にして今やSPUNの看板アーティストとなったシャンティーやイスラエルの大ベテランであるオフォーリアの作品など、GMSのDJセットでヘビー・プレイされているキラー・トラック全10曲が収められました。GMS節の効いた、バウンシーな一枚です。
★★★★★★★★☆☆

V.A.
Outer Limits
(JPN) SOLSTICE MUSIC / SOLMC-064

HMVでV.A.『Outer Limits』をチェック!

JOHANN BLEY『Singularity』

お久しぶりです! ヨハン・ブレイの5年ぶりとなるニュー・アルバムが届きました! さすがは元ジュノ・リアクターのドラマーと言ったところでしょうか、ティピカルなサイケ・トランスとは一線を画す、匠の技が光っています。幾重にも重なるマッドな空間音が誘うダークな深みと、歪んだギターが導く絶叫の世界。恍惚と渾沌を兼ね備えた秀作です。この秋のにて行われるライヴ・パフォーマンスにも期待が高まるばかり! そんなヨハンは、かなりのイケメン。彼の写真は53pのclubnewsにイベント情報と共に掲載しているので、女子のみなさんはチェ~ック! あのルックスで、この音。ズルいです(笑)
★★★★★★★★★☆ (S.N)

JOHANN BLEY
Singularity
(UK) TIP WORLD / TIPWCD45
PSY 

HMVでJOHANN BLEY『Singularity』をチェック!

NEW ORDER『Singles』

先日ファン必携のDVDをリリースしたばかりのニュー・オーダーから、またまた新たなコレクターズ・アイテムが登場。CD2枚組のベスト盤『シングルス』です。これまでにボックス・セットを含めると4作のベスト盤がリリースされている彼らですが、今作はタイトル通りシングル曲に的を絞った内容。注目は、音源が全てシングル・ヴァージョンで構成されていることと、コンプリート集になっていることでしょう。特に初CD化された「Temptation」「Confusion」「Everything Gone Green」のシングル・ヴァージョンは相当のレアもの。あ~神様、助けてください、またもや入手せずにはおれません…..。全31曲+ボーナス2曲を収録。
★★★★★★★★☆☆

NEW ORDER
Singles
(JPN) WARNER / WPCR-12207/08

HMVでNEW ORDER『Singles』をチェック!

VARIOUS ARTISTS『Grand Gallery presents Tokyo Luxury Lounge』

井出靖主宰の新レーベルGRAND GALLERYのコンピレーション・シリーズ第二弾。まずは美しいピアノと哀愁漂うヴォーカルが印象的な、フリー・テンポの名曲「Prelude」でスタート。その後は、i-depによる爽やかなブラジリアン・ナンバー~福富幸宏によるボッサ・ハウス~スタジオ・アパートメントによるトライバルなNYディープ・ハウスと続き、中盤はややジャジーな展開に。そして後半、ジャズトロニックによるポップなジャズ・ハウスで再びハウシーに! その他、FPM、金原千恵子、コールドフィートなどが参加。これぞ正に“トウキョウ・ラウンジ!”と言うべき、豪華ラインナップが実現しています。未発表曲や初CD化も多いので、その点でも要チェックです!
★★★★★★★★☆☆

VARIOUS ARTISTS
Grand Gallery presents Tokyo Luxury Lounge
(JPN) GRAND GALLERY / GRGA0004

HMVでVARIOUS ARTISTS『Grand Gallery presents Tokyo Luxury Lounge』をチェック!

SKALPEL『Konfusion』

昨年リリースのデビュー・アルバムがジャイルス・ピーターソンらに絶賛された、ポーランド出身のDJ二人組。間髪入れずのセカンド・アルバムが完成です。彼らがディグしている’60~’70年代東欧ジャズのサンプルを、4台のタンテを駆使して再構築。懐かしくも新しいジャズ・ブレイクスに仕立てています。クワンティック、ドクター・ラバーファンク、アマルガメーションらによるリミックスを収録した、ボーナス・ディスクもついてます。リリースは、コールドカット主宰のニンジャ・チューンから。今月はブロックヘッドのセカンド・アルバム、ボノボの『Solid Steel』もあって、ニンジャ・チューン、リリース・ラッシュですね。

SKALPEL
Konfusion
(JPN) BEAT / BRC-140

HMVでSKALPEL『Konfusion』をチェック!