Hercules & Love Affairが「Omnion (ft. Sharon Van Etten)」のMVを公開

Andy Butler(アンディ・バトラー)率いるハウス/ダンス・ミュージック・プロジェクト、Hercules & Love Affair(ハーキュリーズ・アンド・ラヴ・アフェア)が、Sharon Van Etten(シャロン・ヴァン・エッテン)をボーカルにフィーチャーした「Omnion」のMVを公開しました。「Omnion」は、Hercules & Love Affairが9/1にリリースするニュー・アルバム『Omnion』のタイトル曲です。ビデオの監督はCrowns & Owls(Sharon Van Ettenはビデオに出演してません)。

通算4作目のアルバムとなる『Omnion』は、Sharon Van Ettenのほか、The HorrorsのFaris Badwanや、Rouge Mary、Gustaph、Mashrou’ Leila、Sísý Eyらが参加した内容となっています。この「Omnion」は、Joe Goddard Remixも公開されてますね。

続きを読む

Arcade Fireが「Electric Blue」のミュージック・ビデオを公開

Win Butler、Régine Chassagne、William Butler、Richard Reed Parry、Tim Kingsbury、Jeremy Garaからなるカナダのバンド、Arcade Fire(アーケイド・ファイア)が、「Electric Blue」のMVを公開しました。「Electric Blue」は、Arcade Fireが7/28にリリースするニュー・アルバム『Everything Now』(エヴリシング・ナウ)収録曲です。ビデオの監督はCousin Club。

新作『Everything Now』は、2013年の『Reflektor』以来となる通算5作目のアルバムで、Markus Dravs、Daft PunkのThomas Bangalter、PulpのSteve Mackey、 Portishead/BEAK>のGeoff Barrowらがプロデュース参加したものとなっています。Columbia移籍第一弾作です。

Feistが「Century (ft. Jarvis Cocker)」のミュージック・ビデオを公開

カナダ出身の女性シンガー・ソングライター、Feist(ファイスト)が、Jarvis Cocker(ジャーヴィス・コッカー:Pulp)をフィーチャーした「Century」のMVを公開しました。「Century」は、Feistがリリースしたニュー・アルバム『Pleasure』収録曲です。ビデオの監督はScott Cudmore。

2007年にヒットした「1234」や、Broken Social Sceneのメンバーとしての活動でも知られるFeist。新作『Pleasure』は、2011年の『Metals』以来となる通算5作目のスタジオ・アルバムとなっています。

Poolsideが「Tropical Heartache」のミュージック・ビデオを公開

Filip NikolicとJeffrey Paradiseからなる米ロサンゼルスを拠点に活動するデュオ、Poolside(プールサイド)が、「Tropical Heartache」のビデオを公開しました。「Tropical Heartache」は、Poolsideがリリースしたニュー・アルバム『Heat』収録曲です。ビデオの監督はBeto Petiches。

新作『Heat』は、2012年のデビュー・アルバム『Pacific Standard Time』以来のフル・アルバム作となっています。アルバムは、全曲試聴できますよ。

alt-Jが「Deadcrush」のミュージック・ビデオを公開

英リーズで結成されたインディー・バンド、alt-J(∆:アルト・ジェイ)が、「Deadcrush」のMVをWeTransferで公開しました。「Deadcrush」は、alt-Jがリリースしたニュー・アルバム『Relaxer』収録曲です。ビデオを監督したのはYoung Replicant。ビデオに登場するダンサーの役どころは、Lee Miller(アメリカの写真家)、Anne Boleyn(イングランド王妃)、Sylvia Plath(アメリカの詩人/作家)。

Joe Newman、Thom Sonny Green、Gus Unger-Hamiltonからなるalt-J。新作『Relaxer』は、2014年の『This Is All Yours』に続くサード・アルバムで、全英チャート6位、全米チャート14位を記録しています。

Holy Fuckが「Bird Brains」のMVを公開

カナダはトロントを拠点に活動するノイズ系のインディー/エレクトロニック・バンド、Holy Fuck(ホーリー・ファック)が、「Bird Brains」のMVをNoiseyで公開しました。「Bird Brains」は、Holy Fuckが7/21にInnovative LeisureからリリースするライブEP『Bird Brains』のタイトル曲です。ビデオの監督はAllison Johnston。

昨年、2010年の『Latin』以来6年ぶりとなる通算4作目のアルバム『Congrats』をリリースしているHoly Fuck。『Bird Brains EP』は、アメリカやカナダでレコーディングした4曲を収録した内容となっています。

Rhyeが「Please」のミュージック・ビデオを公開

Robin Hannibal(ロビン・ハンニバル:デンマーク出身)とMichael Milosh(マイク・ミロシュ:カナダ出身)からなる、LAを拠点に活動するインディー/オルタナティヴ・ソウル〜R&Bのデュオ、Rhye(ライ)が、「Please」のMVを公開しました。「Please」は、Rhyeがリリースしたニュー・シングルです。ビデオの監督はMilosh。

このシングルは、「Please」と「Summer Days」を収録した内容で、2013年にリリースし話題を集めた『Woman』以来となる久々の新曲となっています。

Toro y Moiの『Boo Boo』を全曲試聴

Chaz Bear(チャズ・ベアー/旧チャズ・バンディック:Chaz Bundick)のプロジェクト、Toro y Moi(トロ・イ・モワ)が、ビデオ付きの『Boo Boo』の全曲試聴を、Carpark RecordsのYouTubeチャンネルでスタートしました。『Boo Boo』(ブー・ブー)は、Toro y Moiがリリースしたニュー・アルバムです。

新作『Boo Boo』は、Toro y Moi名義のオリジナル・アルバムとしては2015年の『What For?』に続く通算5作目のアルバムで、セラピーとして聴いていたアンビエント・トラックに強く影響を受けた内容となっています。

続きを読む

Arcade Fireが「Signs of Life」のミュージック・ビデオを公開

カナダのバンド、Arcade Fire(アーケイド・ファイア)が、「Signs of Life」のMVを公開しました。「Signs of Life」は、Arcade Fireが7/28にリリースするニュー・アルバム『Everything Now』(エヴリシング・ナウ)収録曲です。ビデオを手がけたのはMayer/Leyva(Borscht Collective)。

Win Butler、Régine Chassagne、William Butler、Richard Reed Parry、Tim Kingsbury、Jeremy GaraからなるArcade Fire。Columbia移籍第一弾となる新作『Everything Now』は、2013年の『Reflektor』以来となる通算5作目のアルバムとなっています。プロデューサー陣は、Markus Dravs、Daft PunkのThomas Bangalter、PulpのSteve Mackey、 Portishead/BEAK>のGeoff Barrowら。トラックリストは以下の通りです。

続きを読む

Foster The Peopleが「Loyal Like Sid & Nancy」のリリック・ビデオを公開

Mark Foster(マーク・フォスター)率いる米ロサンゼルスのバンド、Foster The People(フォスター・ザ・ピープル)が、「Loyal Like Sid & Nancy」のリリック・ビデオを公開しました。「Loyal Like Sid & Nancy」は、Foster The Peopleが7/21にリリースするニュー・アルバム『Sacred Hearts Club』(セイクレッド・ハーツ・クラブ:国内盤CDは7/26リリース予定)収録曲です。

4月に3曲入りのニュー・シングル『III』をリリースし話題となったFoster The People。新作『Sacred Hearts Club』は、2014年の『Supermodel』に続くサード・アルバムになりますね。Mark Fosterは今作について、“毎日朝起きてニュースの見出しを見ると、何かしら大惨事が起きていたり、悲しいことが起きていたり、誰かを失ってしまっていたりしていた。だからこのアルバムでは、喜びを感じられる作品を作りたかった”とのコメントを出してます。

続きを読む